FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご主人様の指

2009/11/30 00:22


首輪を付けていただいた瞬間から・・・・私は変わる。


彼の言葉に敏感に反応する。

彼が、ソファーに座りながら雑誌を読み始める。

彼の言葉が無いときは・・・彼の態度に・・・敏感になる。

彼の組んだ足先から、舐め始める。

無言の彼は・・・何を思って
          何を望んで
          何を欲しているのか・・・・・・

指の間も舌を尖らせて舐める。
愛しいから、指の1本1本・・私にとって特別なもの。
舌で指を転がすように・・・・目を閉じると・・・フェラチオをしている錯覚に襲われる。

いやらしい声を上げながら・・・舐めている・・・自分の声で
はっとして・・・我に返る。

なんて・・・淫らな女なんだろう。

指から舌を離した瞬間・・・・「なぜやめる?」・・・・・と
今まで愛しく嘗め尽くしていた彼の足が
私の頭を踏みつける・・・・・・

なんて幸せなんだろう・・・・。

彼の足は・・・常に私の頭の上にある・・・

彼は・・・常に私の上の存在。

そして・・・横たわった私のきつく縛られた胸を
思いっきり踏みつける。

今日は、なんて幸せなんだろう・・・・・




Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。