FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう1度、飼って下さい

2012/08/24 08:01
zz432.jpg

『私を飼って下さい』と以前、ブログで綴ったことがある。

あの時は、彼から連絡が途絶え、
私が、勝手に『終わってしまった』と考えたことから始まった。

当時は、彼から他の『主』への移行が出来たのだろうか。

今の私は、調教を受け、肉体改造も施され
以前の私ではない。

彼が心に深く刻み込まれてしまった。

身体に主の名前を刻むM女性の気持がよくわかる。

トイ・ストーリーのウッディが足の裏に『アンディ』と名前を
マジックで書かれて、幸せそうにはにかむ
アニメと同じ感覚。

私も彼の名前を身体に欲しいと思った。
消えることのない・・焼印を。

今の私は、ピアスを外せば、少し傷としてホールの痕が残るのみ。

新しく、ピアスを新しい主に入れなおして頂く事も可能なのかもしれない。

確かに、私の前の『奴隸』は、彼に会う前からピアスをしていた女性だった。

でも、彼は、その女性を深く想っていたようだ。

ただ『自分で開けたピアスをした奴隸が、舐め奉仕する姿は、いい』と言ってくれたことがあった。


その事だけが、私の・・喜びだった。
その事だけが、私の・・彼との繋がりだった。


その言葉を信じたい。

私は、彼の奴隸でしか存在し得ない。

私は、彼がこれから出逢うM女性の邪魔をするつもりもありません。

嫉妬もいたしません。

わがまま、言いません。

贅沢も望みません。

彼が私を貸し出しされるのなら・・従います。

彼が私を輪姦されるなら・・・輪姦されます。

彼が望むなら・・・すべてが可能です。



以前は・・・その言葉を簡単には発せられませんでした。

今回奴隷解放を受けて、わかったこと。


彼は、私を守ってくれる・・・。
SM的には狂っているのかもしれませんが・・・
理性を持ち続けた『主』であった事を再確認いたしました。


狂ったサディストの、彼がとても魅力的で
私には、彼しか・・・存在しない。

『覚悟しろ。私はただのサディストではない。
変態のサディストだ』と・・・彼が言っていた。

私は、変態のサディストの彼が好きで狂ってしまいそうだ。



『私を飼って下さい』と彼に哀願したい。

彼にもう1度『変態淫乱メス豚恭子を飼って下さい』と。




こんな状況で、とても惨めな私だと思います。

情けない、M女性だと思います。

返事をいただけなかったら・・・M女性として終わるしかない事も
覚悟しています。

彼がダメだったから『別な主』を探す・・・そんな
惨めな奴隸を持とうとするサディストはいませんから。

サディストは、プライドが高い。

『主』は、1番の存在でなければいけませんから。

彼から奴隷解放を受けた私は、
M女性をやめて、日常に戻るか・・・・
新しく『主』を求めるか・・・・

ずっと悩んできました。

心惹かれるサディストがいなかったわけではありません。

暖かく包み込んでくれるサディストに、心が揺れました。

切ない苦しい想いをせずに、飼ってもらえるかもしれない・・と。

甘く魅惑的なSM空間を持つことが出来るかもしれない・・・と。

一人孤独を感じずに済むかもしれない・・・と。

この2ヶ月、彼を忘れる努力もしました。
消し去る努力もしました。
新しい何かを始めようとしました。


ただ、想いを綴れば綴るほど、彼が愛しくて
彼から受けてきた調教の数々は・・・消えることなく
こうして、奴隷解放された事自体
マゾヒストの私には、嬉しい責めのようになってしまっています。


狂ってしまったのは、私の方です。

彼に狂った、マゾヒストです。



狂った私を、もう1度、飼ってください。



奴隷解放されても、マゾヒストの心は解放されません。

なんて、惨めな情けないM女・・・なんだろう・・
私は。

惨めで情けなくても構わない。

取り乱し、泣きじゃくり、我を忘れた、
『汚い私』を彼は受け入れてくれていたから・・


彼のためなら・・どこまでも惨めになれる









[パスワード制のご連絡]
しばらくいたしましたら、パスワードを掛けたいと思います。
パスワード で、ご記憶下さい。


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。