FC2ブログ

パスワード制の話

2012/08/20 10:26
aa5_20120820090750.jpg

『私は、淫乱で変態と呼ばれてしまうM的嗜好をもった
最下位の人間である』と・・・あらためて自覚した。

でも、母であり、妻であり、1市民である事も
かえようがなく・・・そのことも再確認した。

何処まで『欲求』を満たせるのか・・・
何処まで『願望』を満たしていいものか・・・

戸惑いながら・・…ここまで来たような気がする。

そう・・私は、小学生の頃から、この嗜好を抱え込んでいた。

その嗜好を隠すためだったのか、ひどく『良い子』を演じてきた。
いや・・・『演じた』のではなく、もともと、性癖以外は
普通だったから、それ以外は『良い子』で居られたような気もする。

犯罪に手を染めるでもなく、人をいじめたりすることも望まない。
困っている人がいれば、手を差し伸べたいと思うし
心あたたまる映画には、涙がこぼれる。

でも、こうした行為でしか『高揚しない』『感じない』『性的に満たされない』
これは・・この感情はなぜ否定されてしまうのだろう・・・と
笑われてしまうかもしれないが、心から考えています。

ブログを続ける危険を考え無かったことはありません。

何もかも失ってしまうのでは・・・と。

時々、閉鎖してしまうのも、そういう理由からです。
時々、こういう姿を晒してしまう自分を
軽蔑してしまう私が居て、怖くなって、ブログにロックを掛ける。

そして、日常に逃げる。

でも、私の中のこの感情は、大きく膨れ上がり
抑えきれなくなる。

そしてまた戻ってきてしまう。



私に残された時間は、多くはないことも自覚しています(笑)

だから、ブログを続けて行きたい・・・でも危険もある・・。

このジレンマ。
理性と、欲望を天秤にかけ・・どうすべきか考えています。



今まで、ブログを続けてきて、脅迫を受けたことも無く済んでいます。
痛烈な批判も、殆どなくきました。

訪れて下さる方々の、お陰です。

私は、いい読者の方に恵まれていると思っています。

ただ、今後、このまま継続していけるものか・・不安もあります。



ブログも4年目を迎えようとしていますが、今まで沢山のブログが閉鎖してきて
いるのも事実です。特に、M女性のブログは。
リスクも伴い、失うものも多い。


このような私のブログを読んで下さるあなたに感謝しています。

考えた末、危険を回避しながら、ブログを続けたい。

少し時期をおいてブログをパスワード制にしたいと思っています。
この4年で知り合ったSM嗜好の人を大切に思っています。

一人ひとりに礼状を差し上げたい心境です(笑)
私のSM嗜好に付きまとってきた罪悪感を軽くしてくださいました。
また温かい、コメント、メールを頂きました。

心から大切な存在です。

パスワードは、数字のと単純にさせていただきます。
覚えてくだされば幸いです。

皆様にお手間をお掛けしますが、新しい人の中に、危険な方がいない保障もありません。
新しい方との関わりを断つことは、どうかと思いましたが、諸々の危険を考えると
仕方のない事かと思いました。


私の『ブログに綴る』と言う事は、『心療内科』にかかっているような癒しを頂きます。
『甘い鞭』は、私にとって大切な場所なのです。


私のブログは、『癌患者の会』のブログと、近いものがあるのに(笑)批判されてしまう・・。
やはりSMは、ずっと、日陰の存在なのでしょうか。

決して、SM愛好者は、日陰の存在の方々ばかりではないのに(笑)




私は、全てを彼に捧げることはできず、奴隷解放になってしまいました。


私の表の顔を、彼の最後の言葉『奴隸を守る』という言葉の通り
守ってくれた彼を、私は、奴隷解放された今も消し去ることができないでいます。

彼が愛しい。

『主が愛しい唯一の存在』と鞭とともに教えこんだのは
彼でしたから。

私は、きっと今後も彼以外の『主』を持つことはないだろうと思っています。
彼以外に心が動くことも、ありません。

これが、SMかと。

結局ピアスは、外せませんでした。



懐古録か、SM観か・・・今後どのように進んでいくのか、手探りの状態です。

それでもよろしかったら、私のブログに訪れて下さい。

それまで・・・淫らな私を・・・綴ります。
 Home