FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消え去るまで

2012/07/27 01:12
ブログを続けたいとお願いしたのに・・・何から
綴ったらいいのか、戸惑う。

主従関係を終えたのだから・・・ブログは閉鎖すべきなのかも知れないが
その勇気がない。

11q.jpg

彼に出会う前の私だ。

SMは、空想の中の産物で、せいぜい・・・
淫らなことを思い巡らせ、自慰行為をすることが
精一杯だった。

現実のSMの主従関係は・・・・空想の世界だった。

私には、近づいてはいけない世界だったような気もする。
刺激が強すぎて、心を占領されてしまった気がする。

それでいて、今までの人生でこんなにも、充実した時間はなかった。
『心のまま』過ごせた。

『心のまま』・・・だったから、あまりにも『望むこと』だったから
心を奪われてしまったようだ(笑)

『好きこそものの上手なれ』かも知れない(笑)

とても笑える状況ではないのだけれど・・・。

私は・・・『上手』にはなれなかったのだから。

これからの自分が、良く見えない。

正直な感想。

444q.jpg

これが今の私。

smの世界に数年身を置いた。

彼を失ってもなお・・・自縛して、彼から頂いたピアスを
外すことさえ出来ないでいる。

私は、毎朝ジムで彼によく似た男性と挨拶を交わす。

最近は、少し会話も持てるようになった。

何度か、エレベーターで一緒になり
私の心臓の鼓動が、その男性に聞こえてしまうのではないか・・・
というぐらい・・・ドキドキした。

ほんのり煙草の香りと、フレグランスの香りがする。
煙草も吸わないし、フレグランスも付けない彼とは
『違う』と気が付くはずなのに・・・。

筋トレをしながら、その男性を目で追いかける。

何度か、目が合いその度、私は恥ずかしさのあまり、
目を反らす。
そしてまた、その男性を見つめる。

ここ数ヶ月続けてきた習慣は、中々抜けない。

彼を失ってから、何度かその男性の『彼に似た表情』に
・・涙がこみ上げてきた。


口元・・・目・・鼻・・髪型・・・
よく似ている。

1度彼にその男性の写メを見せた事があった。

『似てるかもしれないな』と照れくさそうに
笑った彼を思い出す。


彼も認めるぐらい『よく似た男性』だ。

今の私には、とても残酷でしか無い。


その男性は、いつも『熱い眼差し』で見つめる私に気がついている様子で
今までも、私のようにその男性に興味を持つ女性も多かったことと想う。

『慣れている』男性だ。

特に私の『眼差し』は・・・奴隸が『御主人様』を見つめる
特別な『見つめ方』をする。

『貴方しか存在しない』と言う・・奴隷特有の視線。

サディストならご存知な『奴隸』の視線。
慈しみ、尊敬し、全てを捧げてしまう・・・忠実な視線。


目が合うまで、私は『奴隸』の眼差しをその男性に送り続けてしまう。

そういうふうに躾けられてきた。

『主』を慈しむように。
その事を憚る必要など無い事を。

見つめる私を、少しはにかんで、照れくさそうに笑う彼は
もういない。




『調教を受けたM奴隸』の解放後は・・・・
どうなるのだろう・・・。

どんなふうに、心を整理するのだろう。

心が彼でいつぱいで、身動きができない。


ノーマルなら・・・新しい『恋』をすることが
お勧めだ。

でも、私には・・不可能であり、またその彼に似た男性は
サディストである可能性は・・・無いに等しい。

確かめる方法もない。

『私は、M性を持っていますが、貴方は、サディストではありませんか?』
と聞くことは出来ない(笑)

ましてその男性は、あくまでも『彼』に似ている男性であり
彼ではない。


『擬似恋愛』で誤魔化す私がいる。

新しい関係は、怖い。

SMの主従関係は・・・怖い。


『もう恋なんてしない』なんて・・軽い・・・軽すぎる。

SMの関係の終わりは・・・想像もつかないほど
とてもシビアで、心を滅茶苦茶にしてしまう。


それでも、この世界が好きでたまらない。

明日も、ジムでその男性に挨拶をして
目で追いかける。

彼が消え去るまで・・・・。


彼は、永遠に私のサディストではないかとさえ思える。
今もなお・・・調教が続いているような気がする。


SMの鎖は、本当に・・・切れない。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。