FC2ブログ

調教依頼

2012/06/19 16:08
白檀様から電話をいただき、
主から『調教依頼』があった事を教えて頂いた。

私の気持ちを確かめて下さった。


『どうなさいますか?』と。

『よろしくお願いします』と返事をさし上げた。


白檀様の声で、芙由子様への調教の内容をお聞きしながら
ジムを終え、シャワーを浴びた少し、火照っていた身体は
ますます・・‥熱くなっていくようだった。

『隠す必要がない』事は、とても楽なことでもあるが
別な意味で緊張する。

ただ、調教いただけるのが、お会いしたことはないが
芙由子様の主、白檀様であることに、感謝している。

心が少しほぐれた。

私は、躾の行き届いていない、彼曰く『おままごと』の
のような奴隸であると・・・。

自分に自信がないのも事実。
痛みに弱いのも事実。
鞭や針が怖いのも事実。


ただただ、あるのは・・・『愛しい感情』・・だけ。

その感情すら彼には『恋愛ごっこ』でしかない。

白檀様は
『自己主張も、わがままも、甘えも一切、許されない。
命令と指示には、絶対服従を奴隸の義務とする』と言われた。

私の第2章。

彼の望んだ『精神的服従』に進みたいと思った。




『白檀様・芙由子様へ

この場をお借りして、このような中途半端な私を
調教して下さる、白檀様に感謝しています。

また、芙由子様には、大切な『主』白檀様に調教頂くこと快く
受けて下さり、嬉しい限りです。

私としましては、芙由子様よりもっと下の奴隸として
白檀様、芙由子様にご奉仕させて頂きたく思っています。

私恭子、芙由子様ともに、最下位を名乗る『最下位奴隸』として・・・
『最下位の取り合い』のような、誠に失礼な内容ですが
そのぐらいの気持ちで望ませて頂きたいと思っています。

私恭子は、白檀さま、芙由子様の奴隸としてご奉仕させて下さい。

それが私の望みです。

心より感謝しています。
    
           恭子』


 Home