FC2ブログ

第2章へ・・・

2012/06/19 15:27
彼が、今朝、白檀様へ『調教依頼』のメールをさし上げた。

彼に、ブログを更新した旨をメールして、
私からも『第2章』へ進んで下さるようにお願いした。

私の、『貸し出し』を拒絶した理由を読んでもらいたかった。

私の『貸し出し』に対する愚かな考えを彼は読んで下さったのだろうか・・・。



彼は、白檀様へ送った『調教依頼』のメールを
そのまま転送してくれた。

彼からの言葉は、一言もなかった。

彼らしい・・。

いつも冷たい『彼』らしい・・・。


何度この冷たさに、涙してきたことか・・と。

この冷たさが、私には、どうしょうもないぐらい
魅力的で、言葉少ない彼の『気持』を知りたいと
ここまで来たような気さえする。

もしかして・・・もしかして・・・と。


そして彼はいつも、私を裏切らないでいてくれた気もする。

今回・・・『恭子「主』です』・・と書いてあった。

それがせめてもの救いだ。

 Home