FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再確認

2012/05/21 09:25

『服を脱ぎなさい』
という彼の言葉を、私は、・・・聞こえないふりをする。

彼の気が変わってくれればいい・・‥とかすかな期待を持つ。

洗面所か他の場所で・・‥着替えたい。



d4.jpg

ストッキングを脱ぎ始める。
スカートの後ろを上げ、見えないように
少しづつ・・・。

なぜか・・彼には私の全てを知られてしまっているのだけれど
『服を脱ぐ』行為は、たまらなく恥ずかしい。

脱がされることも・・。

まして、自分の意志で脱ぐ行為は
そこから先を『欲している』ようで
『私は、淫乱な女です』と、あらわしてしまっているようで
たまらなく・・・なる。




d5.jpg
『洗面所で着替えてもいいですか』と
彼に尋ねる。

『ダメに決まっているだろう』と
少し笑いながら、それでいて、絶対的な言い方に
私は、なんだか・・‥納得して・・‥脱ぎ始める。


『彼の命令』・・・そう思えば
思うほど・・恥ずかしい私と、服従した私が葛藤する。

今思えば・・・服従した私が、羞恥心一杯の
私を従わせている。

確かに『恥ずかしい私』は、自分の中でさえ、最下位の存在である。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。