FC2ブログ

愛しさ

2012/05/18 07:28
f1_20120517224736.jpg

口に含む行為を・・私は、好きなようで
フェラチオをしている時は、没頭してしまう。

舌先を彼のものに軽く触れる。
彼の味がする。

軽く吸ってみる。

こういう時、私は、ゆっくり時間をかけて
『彼』を確認したくなる。

唇を軽く窄めて彼を少し押しこむように
受け入れていく。

確かに・・・口の性器・・という気がする。

f6_20120517224733.jpg

私は、彼のくびれの辺りに舌を這わせることさえ
『もったいない』感情で一杯になり
何度も何度も彼のモノの先を唇で確かめて
幸せを実感する。

『彼だ』・・・彼のモノ。
心が満たされていく。


f5_20120517224733.jpg

サディストの彼は、私のスローな行為を待ってくれる時間は
そう長くはなく、私の頭を手で押さえつけ
喉の奥深く、突き立てる。

f3_20120517224735.jpg
私は、『何故?』という気持ちで一杯になり
彼を見つめる。

せっかく『愉しみながら』味わっていたモノを
彼に取り上げられてしまったような・・・
『ひどい』・・・・と泣いてしまいたい気持ちになるぐらい(笑)

子供の頃、とてもお気に入りにキャンディーを
口に中でゆっくり舐めていたら、
びっくりして、飲み込んでしまった・・・時のよう。

私の性行為は・・・私のSM観は、ひどく幼稚なのかもしれない。


『大切な物』を大切にしたい・・・
シンプルで、何歳になってもかわらない感情を
SMは、呼び起こしてくれる。

SM行為は、蔑まされるモノではないような気さえする。


彼から頂いた調教は、
『愛しさ』を私に、教えこんでくれた気がする。



心ゆくまで、彼を堪能したい。
彼を一晩中舐め奉仕したい。


お願いです。
 Home