FC2ブログ

禁断症状

2012/04/26 23:02


私は、あまり化粧をしないことが多い。

家事を終え、ジムに向かう。

筋トレ、有酸素、プールと・・・化粧が汗やプールの水で落ちる。

だから・・・というのは、言い訳で、若い頃から
あまり化粧をしない(笑)

バイクに乗っていた時期もあり・・今は、年齢相当化粧が必要だとは
自覚している。

以前彼が、『濃い化粧も好きだ』というような事を言っていたような気がする。

聞き違いでなければ・・・。

それから私は、少し濃い化粧をするようになった。

彼の『好み』に近づきたいと・・・年齢も考えずに
真剣に思う。


彼に会えたとしても、車に乗った彼は、私の方を向くことは殆ど無い。

・・・実際彼から調教を受けると、舐め奉仕をして化粧が取れる。
手を拘束され、シーツに顔が擦れるぐらい這いつくばる。
鞭の痛さで涙と鼻水で顔がぐちゃぐちゃになる。

結局・・‥化粧が何の意味もなくなる。

調教が終わって、彼は服を着る。
私も急いで彼を待たせないように、服を着るのが精一杯。

服で、縄で縛られた痕がうまく隠れるように気にする。

化粧を直す時間が殆ど無い。

結局、私の化粧をした顔を彼が見てくれているか・・‥定かではない。

でも、彼が駅のホームで待ってくれている時は
私を見てくれている筈。

その・・数秒のために『濃い化粧』をする。


彼にとって私は、ただのSM的奴隷にすぎないから
興味のないことなんだと思う。

・・・・少し・・哀しい。



先月から、彼によく似た感じの男性がジムに通いだした。

年齢と顔と・・・雰囲気がよく似ている。

私は、その男性の姿を目で追ってしまうようになり・・・
困る。

その男性に興味があるわけではなく、『彼によく似た』その男性に
興味がある。

話すでもなく、ただ、目で追いかける。

彼を見つめるように、じっと見ることは出来ない。

その男性を見て彼を思い出し、『彼』に浸る。


私は、日常も彼に占領されてしまっている。

これが奴隷の心境なんだろうか。

私は、彼ではないその男性に、ほんの少し心ときめき
薄く化粧をしてジムに出かけるようになった。

自分で自分がおかしい(笑)


『彼』の禁断症状かと思います。
 Home