FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容赦なく・・

2012/03/24 00:53
q2_20120324002648.jpg

私が何よりも感じるのは‥…彼の指。


彼が乳首ピアスをつまみ上げてくれる瞬間は
期待と不安が入り交じる。

ピアスを開けてから4ヶ月。

まだピアスは安定してはいない。

何かの拍子に、引っ掛けてしまい激しい痛みと
血がにじむ時もある。

リングのピアスは、この数ヶ月私に『奴隷』であることと
『変態』であることを認識させ続けた。

ラビアピアスと違い‥…乳首のピアスは目に付く。

会えなかった時間、私がピアスを着け続けて
彼を待ち続けることにさえ、彼の負担になるのではないかと思っていたが
こうして、また彼にピアスを引き上げて貰えることは
夢のようであり・・幸せな気持ちを何倍にも増やしてくれる。

私の身体が、とても従順に彼の指に反応する。
もし・・‥おっぱいに表情があるとしたら
満たされた表情をしていることだろう。

サディストの彼は、意外に優しく、静かに私のピアスに触れてくれた。

q3_20120324002648.jpg

そして急に、容赦なくリングを引っ張る。

彼の優しい指に酔いしれていた私は
激しい引き裂かれるような痛みと、恐怖で・・声にならない声を上げた。

そして・・興奮と快感が押し寄せる。

彼を信頼できているから・・‥全てを彼に任さられる。

彼になら・・‥乳首をちぎられてしまっても良いと・・
心の底から思える。

そして、そういう事を想像するだけで
愛液が溢れ出す。

はしたない・・・私だ。

私の中の、淫らな欲望は『もっと‥…もっと・・』と彼のS性を求めてしまい
次回は、リングの根本に、針を3本刺してくださいと願う。

貪欲な私は・・・止まらなくなる。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。