FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smの先にあるもの‥…Ⅰ

2012/02/24 22:48
ooo1.jpg

私の彼への想いは・・・少し変わっているのかも知れない。

でも・・正直な彼への想い。

『あなたのブログなのだから、批判を気にせず
 ありのまま綴ったらいい』

という温かいコメントを頂いた。


ありのまま・・私の彼に対する感情を・・想いを綴らせて下さい。

自分自身、心の変化に戸惑い、smの行き着く先を
知ったような気がした。

彼から急に連絡を受けた私は、彼に気に入ってもらいたいと強く思った。
彼への『恋心』を封印して、『M奴隷』に徹しようと思った。
彼の望む『M女性』になろうとした。
今回は彼を失望させたくないと…‥・思った。

いつも愛しい感情が先走り、
彼を欲してしまうことが多かったから。
そしてsmが影薄くなってしまい、彼を失望させてしまっていた気がする。

ベッドに横になる彼の足元に膝まずき
両手を付き、『調教お願い致します』と挨拶をした。

彼の表情は、伺い知れなかったが・・いつもと少し違う私を感じてもらえたかも・・。

彼の少し冷えた両足を両手で包み込み、彼を確かめる。

私は、何度も何度も彼を『確認』する行為を繰り返す。

彼を失ってしまう感覚を常に感じているからか
彼が傍にいるという事が、特別なことと感じているからか。

彼が『存在する』と言うことを、何度も何度も確かめずにいられない。

そうして、彼を感じる。
彼の親指に唇を這わせる。

彼の指を奥まで舐めつくしたい感情と
指を唾液で汚してしまう・・・という…‥理不尽な感情が入り混じり
『這わせる』行為で終わってしまう。

彼の奴隷でいられる幸せ。

彼に奉仕できる幸せ。

恋人ではなく、愛人でもなく、『奴隷』だけが感じることの出来る幸せ。

幸せな感情に浸っていたい私と、彼との限られた時間を気にしだした私が現れる。

指を舐め尽くした私は、少しずつ彼に近づく。

いつものように、彼の下着に口紅や香水を付くことに
細心の注意を払い、彼のモノを口にする。

今回、私は、彼に会える嬉しさのあまり、デジカメもビデオも持参することを忘れてしまった。

ただただ‥…『彼に会いたかった』ようだ。

彼に撮ってもらった、iPhoneからの画像が数枚あるのみ。

彼の視線でとらえてくれた、最下位の私だ。

a1_20120127233420.jpg



私は・・『30回の鞭打ちに耐えられたら中出し頂ける』という、以前取り付けた約束を
昨夜、再確認をとっていた。

彼の気が変わっていたらどしようと‥…不安でもあったが
確かめずには、いられなかった。

『耐えられたらな。無理だと思うが』と返事をもらっていた。

何があっても、彼からの鞭を受けようと思った。
こんなにも『鞭』を待ち望んだことはなかった。

先には、夢の様な事が待っているのだから。


そう‥…この時点で、かなりおかしい。

そう‥…私は、彼に『夢中』だ。

そう・・マインドコントロールなのか、洗脳なのか(笑)

彼が・・愛しい・・苦しいほど。

何を思ったか・・私は『入れることは出来ませんか』と
口の中で大きくなった彼を‥…待ちきれず‥…彼に尋ねた。

鞭で打たれることにより『我を忘れる』感覚が
彼の傍にいると、鞭さえ必要なく『我を忘れる』ようだ。
調教の効果か・・‥調教が行き届いていないのか。

否定的な答えを覚悟していたが‥…彼は・・少し含みを込めた答えをしてくれた。

絶対的に『NO』ではなかった。

いつもは、コンドームを使うのでタイミングを測ってしまう。
愛しい彼を頂ける1番幸せな事と隣り合わせに『終わり』が待っている。
彼は、いってしまうと・・‥冷める。
ゴルフの練習を始める。

今日は、コンドームを使わなくていい。
今日は、彼と直接繋がることが出来る。
はしたない言い方をしてしまうと・・今日は‥…彼を生で感じることが出来る。

私は‥…何歳なんだろうと‥…おかしくなる。
sexは、何度も経験してきている。
なのに・・彼は私をいつも新しい感覚へ惹き込んでくれる。
彼と一緒にいると自分の年令を忘れる(笑)



『後で鞭を頂きます。ほんの少し入れさせて下さい』と哀願した。

涙がこみ上げてきた私は『哀願』という表現がピッタリの
表情をしていた事だろう。

『仕方がないな』と…・・いつになく優しい彼がいた。

私は、彼を私の中へ導いた。

『初体験』を超える興奮と高まり。

『感激』とはこういうモノかも知れない。

私の中の一つ一つが彼を記憶に留めたいと思い
一つ一つの動きが私を擦りつける。

全身が『性器』というはしたない表現が‥…的確だ。

神経が彼のものに集中して、どんな些細な事も逃したくない。

性行為とは‥…こういうもの。


騎乗位の私は、彼を埋める瞬間、彼の顔を見つめる。

私の中の『彼の存在』とは。
日常で彼の声を聞くことも許されない。
電話もできない。

メールも返事が来ない。

もう逢えないかもしれない。

永遠に会えないのか、また会えるのか・・不安定な感情で過ごしている私は

今、彼との性行為は『夢』のようである。



私は、『宝くじ5億円が当たる事』と、『彼に会える事』・・‥どちらを選ぶかと聞かれたら
迷わず『彼と会える事』を選ぶ。

マゾヒストとは、本当に面白いものだと・・‥自分自身でも思う(笑)
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。