FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の手段

2012/04/22 23:29
q5.jpg

私は、時々写真に写った自分が、別な人格に見えてしまうことがある。

怪しく、誘いかけるように、娼婦のように・・・
変わってしまう瞬間があり・・‥‥ふと自分の中のS的なものを感じたりもする。


彼のS性が・・・愛しく思うあまり同化してしまうんだろうか。

そうかと思うと・…‥とても幼く、泣き出してしまいたいような自分もいる。


アナル舐めとは、抵抗がないといえば嘘になる。


下を這わせる時、躊躇する・…‥というか・……していた。

ほとんどアナル舐めは、経験がなく、彼に褒めて頂いた事が
嬉しくて、すきになった。

愛しさは、何もかも超えてしまえることがすごい。

私は、性行為にいつも冷めてしまっていて
色々なことを気にし過ぎるせいか
『相手』の感情をすぐ読み取ってしまい
演技をしている自分に・……冷めていく。


だから、性行為よりは、自慰行為のほうが好きだったのかも知れない。


でも、SMは・・……彼とのSM行為は
冷めない。私の欲しいことを与えてくれる。

私の心の奥の、Mを引き出してくれて、顕にしてくれる。

彼が、ラビアピアスに鎖を付けて、鎖の端を
ガーターに止める。

私の秘部が剥き出しになり・……丸見えになる。

彼が手を離しても、そのままの格好であるから・・・
羞恥心は相当なものになる。

彼は、足を閉じられないように
両足を折り曲げ、縄で縛り上げてから行うことを忘れない。

彼は、自分を真性サディストだと思っているのだろうか・・・。

行為そのものより・・マゾヒストを極限まで持っていける
そして、ぎりぎりの所で救う彼は・・・真性サディストだと私は思っている。

ただ・・私は、真性マゾヒストかと言われると・・自信がない

『ぎりぎりの所』が・・苦しく感じ始め・・別の意味で『ギブアップ』してしまいそうになる。

彼を待つギリギリの感情が・・・苦しい。


真性サディストは、奴隷を失う経験が多いのかもしれない。

奴隷は、愛しすぎて、苦しくて・・‥切なくて去って行くような気がする。

奴隷がサディストの元から去る行為は
最後の手段。

サディストを縛り付ける・・‥唯一の方法なのかもしれない。

主の心に残り続ける・・‥ただ一つの方法なのかもしれない。


私には・・‥それすら出来ない。



だから、私は、真性マゾヒストではないと思っている。

とても臆病で、勇気のない・・弱い女だ。

『F様が好きです』とメールをした。

それが精一杯で・・‥何日経っても、返事はいただけない。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。