FC2ブログ

記念日 3年目

2011/10/10 09:27
rr1.jpg

2日前、彼に初めて会った日から3年を迎えた。。

10月にしては、温かく、少し汗ばむ陽気だった。

待ち合わせは、15時だったから、夕日がオレンジ色に眩しかった。

ちょうど今日のように・‥・いい秋晴れだった。

初めて見た彼は、とてもやさしそうで、紳士的で、
サディストには、みえなかった。

メール交換している間・・・とても冷酷な画像を送ってくれた
『本人』とは結びつかなかった。

信じがたく・・・「はじめまして」と、やさしく笑いかけてくれた彼は
もっと・…‥『別な人』に思えた。

今、3年過ぎてみて、彼に対する思いは、『特別』なものになり
彼が存在しなかった頃の私は、今とは全く『別物』の気がする。

彼に会わずにいたら、私は、人並みに、年齢相応に、過ごしていた気がする。

はっきり言えることは、ピアスの穴は、両耳に2ヶ所だけだったということ。

そしてこのブログも綴ってはいない筈だから・・・・。

『出逢い』というものは、とても不思議だと実感する。


rr2.jpg
私は、彼の顔が好きで、笑顔が特に好きだ。

彼だから・…‥彼の笑った顔だから・…‥好き。

彼の声が好き・…‥彼の声だから。

彼の指が好き・…‥彼の指だから。

『3年目』を彼に覚えていて欲しくて
『3年目』を彼にも実感して欲しくて
・……かと言って、彼になんてメールをしたらいいか・…迷っていた。

3年分の思いをメールしようかとも思ったが、
彼をどんなに想っているか・……メールしようかと思ったが、
言葉が、全くといって見つからない。

私は、彼に飼い続けてほしいから、
時間が経ってしまうという事は・・・『終わり』が近づくということで
そういうことを認めたくない私は・・・『知らん顔』をしようと思った(笑)

サディストの彼は、私が1番悲しむ『3年か。そろそろ終わりだな』と言いかねない。


私一人で、『記念日』を想い、3年前を思い出し、彼との『これから』を望む。

彼から、6日の日に、出張の帰りに、『鞭を見たがちょうどいい鞭がなかったから買わなかった』と
メールが届いた。

そして、今日、また海外出張のメールが届いた。


そう・……彼の中で10月8日は、全く・……記憶にない日だったようだ。


私の誕生日も、出逢った日も・・・全く関係ない彼を・……こんなにも好きな私は
いつも悲しい気持ちになる。

マゾヒストなのだけれど・……優しいサディストも、嫌いではありません(笑)

少し風邪気味の私は、『風邪で少し熱があり、風邪が流行ってきているようです
F様も、風邪に気をつけてください』と・……優しい言葉を期待してメールした。

返信は、なかった。

翌日・・3年目を覚えてはいなかった彼に寂しさを覚えた私は、しつこく
『久しぶりの風邪で、熱があります。お見舞いに優しい言葉ください(^^』と
メールした。

返信はなかった。


なんとなく期待通りだった。

なんとなく・・・悲しかった。

何となく彼らしかった。


3日後、『風邪が流行っているようだ。元気な身体こそのハードな責めができる。早く治せ。』
と温かい(?)メールが届いた。

彼らしい。・・・そう・・・最下位の奴隷らしく
『調教するため』に・・・
『ハードな責め』に耐えられるように・・・・
風邪を治さなければ・・・。

『3年目』を、淡い期待を持って迎えようとしていた私は
最下位を自覚させられ・・・最下位らしい3年目を迎えた。

本当は、2年目偶然彼と迎えることができたから
今年も期待してしまい・……それすら覚えていない彼に
『泣かされて』しまった。

いい歳をして・……よく泣くマゾヒストです。
 Home