FC2ブログ

sexとは・・

2011/09/29 08:38
q7_20110928163235.jpg

昨夜遅く、時差のある彼からメールが届いた。

『今夜は、恭子の写真で精子を出すことにする』と。

嬉しい限りのメールだった。

『主』に、興味を持っていただけることは、
それだけで、私を幸せな気持ちにさせて下さる。


最下位でも、彼に飼って頂けているということは
彼が私に目を向けて下さる事もあるということ。

『奴隷解放』されてしまったら・……彼との接点がなくなる。
彼と、繋がっていたい。

どんな形でも、どんな地位でも。

そう・……大奥で、部屋に来てくれるのを待っている
興味を持たれなくなった女性のよう。

少し・……悲しい気もするが。

私は、彼にピアスを開けて頂いてから
乳首が常に勃起している状態で
ほんの少し・……大きくなってきているような気がする。

『やはり、乳首ピアスを開けてから、私の奴隷という感じがする。
いい体になってきた』・・・と

今までになく、嬉しいメールを頂いた。

せっかく、頂いたピアスを私は、2年前、自分から外してしまったのだから。

前回は、右のピアスだけだったから、両方装着した画像は
初めてだ。

本当・……『奴隷』のよう。

『ピアスが千切れるほど、鞭打ちたい』と
少し酔われているのか・・・嬉しいメールが届いた。


彼から振り落とされる鞭なら、乳首がちぎれてしまっても
・……私には『快感』に変わることと思う。

彼が、乳首のリングを引っ張り、いやらしく伸びる
乳首が・……とても感じさせてくれる。

こんなに変態的な身体であることを、
ブログで晒し・……認めたくはないが・・・
朝からひどく興奮気味のはしたなく・……淫らな・…私は
確かに・…『私本人』だ。

若くはない、崩れかけた身体を彼に肉体改造されて
私は、気持ちよく堕ちていく。

彼は、ずっと支えてくれるのだろうか・・。


私は、堕ちていけば堕ちていく程・・・
肉体改造されればされる程・・・

ノーマルな感情が心を占めている。
『彼に抱かれたい』と言う感情。

前回、私は、彼に中出しして頂いた事がないと
告白した。もう一つ、彼に、正常位で抱いて頂いたことがない。

奴隷なのだから『抱いて頂く』ではなく『使って頂く』が正しい。
だから、私は、いつも、騎乗位で、私の希望で彼を入れさせて頂く。

彼が、私を『使う』と言う感じではない。

彼にとって、私は、抱きたいと思う何かが欠けているのかもしれいないし
年齢的なものか・…外見的なものか・・・性格的なものか・・・
私には、彼を『動かす』何かが欠けているように思える。

彼に『抱かれたい』。

正常位で、彼を迎えたい。

こういう感情を、私は、堕ちれば堕ちるほど
持ちきれなくなり・……他の誰かを探してしまいそうになる。

『抱かれたい感情』・・・。

sexではなく、私の場合はなんと呼ぶべきだろう。
彼のおちんちんを、私の中に入れてもらうという行為は
とても単純で、特に取り上げて言うべきことではない。

でも、私は、彼を身体に沈める瞬間
いつも『涙』がこみ上げる。

過換気気味になり・……息が荒く、息ができないぐらい
興奮してしまい、愛しい彼の顔が、涙でボヤケる。

コンドームという、薄い膜を取り払いたくなる。

彼のおちんちんを、私に1番敏感な所で、確かめたくなる・・・
いや・…恥ずかしいけれど・…『味わいたく』なる。

彼の形、彼の大きさ、彼の温かさ・・・記憶に留めたい。


『sex』とは・……こういうモノだと
40歳を過ぎて初めて知った。




 Home