FC2ブログ

誠実

2011/09/23 00:23


10月8日で、彼に直接調教を頂いてから
3年目になる。

正確には、彼と知り合ってから、5年間の空白の時間は、
私は彼から送られたハード系のSM画像が頭から離れなかったことを考えると・・

8年調教を受けていたような気もする。

縁とか、偶然とか・・……この年になると
信じたいような気もしてくる。

去年の最後に半年ぶりに会ったのが、10月8日だった。

彼にその事を話したが、彼は覚えてはいなかった。


『恋愛の感情が持続する時間は、2年と言われている』と
最初に告げられた私は、彼とのSMの関係は
『2年』と言うタイムリミット付きだと思った。

会えない時間、連絡いただけない時間を、2年から引き
残りの時間を数え、焦っていた。

新しい『主』を探そうとしたり、SMクラブにまで行って
サディストを探そうとした。

今は・……時間がゆっくり流れているような気もする。

彼が、絶対的存在になりつつあり、不思議な『信頼』を感じている。


彼の冷たい突き離すような対応に、涙することは、今も変わらないが
どんなに冷たくされても、どんなに放置されても
・……最下位になろうとも・・・
彼しかありえない・……事を実感している。

彼が時々気まぐれで下さる『私の愛奴』と言う
文面を、何度も読み返し・・・幸せに浸っていたりする。

そして次の日、『最下位性処理変態メス豚奴隷 恭子』と変わり
他のマゾヒストの話を平気でし始める。


私は、過去に1度彼に聞いたことがある。
『F様は、本気で人を愛されたことありますか?』と・・・。

『きっと無いと思います』と・・…私は、彼に奴隷にあるまじき言動を発したことがあった。
たぶん・……私の気持に無頓着で冷たい彼に
泣き泣き・……言った言葉だったような記憶がある。

『ある』と彼は答えた。


私は、『誰』なのか・・……問い詰められなかったし
聞くことが怖かった。『奥様』であって欲しいし
他のマゾヒストだったら・・・耐えられない。

不思議と、ノーマルな表の顔の彼の生活に嫉妬することはない。
強がりではなく、私は、表と裏を区別するようになって行ったようだ。

確かに、出会ったばかりの頃は、彼の『奥様』に、嫉妬のような感情があった。
彼と一緒に入られる、彼と一緒に眠れる・・・とても羨ましい事だった。
彼の愛犬にさえ、羨ましい感情を持った(笑)


わたしが、SMと不倫を区別しているからかも知れない。

彼も、私もノーマルな配偶者がいる。
配偶者をそれなりに『愛している』と思う。
ただ、SM嗜好の私たちは、性的な欲求を、配偶者では満たされない。

そして、満たしてくれる相手は、私の場合『彼』しかいない。



どんなに、喉が乾いても私を満たしてくれるのは
彼だけ。

私が、彼に惹かれる理由の一つに、いい加減に見える彼の行動の中に
垣間見える『誠実な所』


いつも彼の批判的なブログになってしまっていたが3年目を迎えて
私が彼に惹かれる理由を……考えてみた。

鞭の痛みだけではなく、彼しか、ありえない理由。


『好きだから』が1番なのだけれど(笑)

『恋している』からなのだけれど・・・・




 Home