FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂いフェチ

2011/09/10 12:27
ss6.gif

今回は、デジカメで画像を撮らずに
ビデオを彼に撮って頂いた。

それを画像に落としている。
鮮明さに欠けるが、私にはとても大切な
彼の『視点』が入っている。

彼は私をこんなふうに見ている。
彼からの視線は・・・・こんなふうなのかと。

ベッドの脇で口奉仕させて頂いていた私は、
もっと彼を深く包みたくなり
もっと彼を近くに感じたくなり
ベッドの脇から彼を跨ぐ形で
ベッドに上がる。

『上にあがってもいいですか?』と聞く。
『かまわないよ』と彼。

彼の右足を踏まないように
愛しい彼に近づく。

私は・・・所謂・・『匂いフェチ』のようだ。
ただ・・・彼の匂いにだけ。

足先から彼を確かめながら舐め上げる。
『現実だ』と心の奥深くから
嬉しい感情がこみ上げてくる。

少し冷たくなった彼の指先。
冷房が効きすぎているのかもしれない。
・・・冷房を弱くする?・・・今このタイミングで少し戸惑う。

『寒くないですか?』と問うと
『少し寒い』と。
私は、彼の右足を腕を絡めて身体で巻きついた。
強く、全身で彼に絡みついてみた。

彼は、冷たい。

ベッドから降りて、温度を上げる。

そしてまた・・・彼の足元に戻る。

何度でも、何度でも・・彼とは最初から始められる。
何度でも彼をしゃぶることができるなら・・・・
1日中、彼を舐めていたい。


頭を低くして、彼の袋の匂いを感じる。
彼に顔をうずめて、彼を確かめる。

吸った息を吐き出したくなくなる。
私の身体中の空気を彼の匂いに取り替えたい。

せっかく吸った彼の匂いを消したくない。

そう・・・ほんの少し息を止めてみる。

・・・子供の頃、息止めて自殺してみよう・・・と
思った頃と何も変わってはいない(笑)。

呼吸する度、彼の匂いは・・・消えていくから。

彼の胸に顔を埋め、乳首を舐めあげるふりをして
彼の体に触れる。

『彼だ』‥・何度この言葉を心の中で
つぶやくことか。

私は、触れて彼を確認し、舐めて彼を味わい、
匂いで彼を脳裏に焼き付ける。


自分自身でマインドコントロールしているようだ。

ただ・・・残念なことに・・彼はほとんど体臭がない。
そしてフレグランスも付けない。

彼だけの匂いを・・・私は・・・3年かけて覚えた。

彼の匂い。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。