FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唾液の匂い

2011/09/07 23:55
ss2.gif

彼に、今日はどのぐらい時間があるか・・聞いてみた。

『4時か、5時までかな。』

2時に待ち合わせだったから・・・2時間・・3時間。


本当は、smショップへ寄る予定だったが
私は・・・彼と一緒になりたくて・・・
『次回にしませんか?』と意見してみた。

smショップは、行ったことがないから
ほんの少し楽しみだった。

ほんの少し不安でもあったが。




私は、何もいらないから・・・彼と一緒にいたい。

新しいsmグッズは、興味がないわけではないけれど
彼に興味がある。

彼を、口に含む時・・・ためらう。

・・・そう・・・『もったいない』気持に似ている。

口をつけてしまったら・・消えてしまいそうな
眺めていたほうが・・・ずーと消えないでいてくれるような。

彼を見つめ、彼の匂いを感じ、彼の存在を確かめる。
『現実だ』と。

彼に会えているんだ・・・と実感する。
正直に言うと・・・なかなか、実感できていない。

彼との時間をもっと大切にしたいと・・・緊張してしまうのか
興奮しすぎているのか・・・。

数日たって、ブログを綴り始めて・・・やっと実感することがある。


彼との時間は、貴重すぎて、何から手をつけたらいいのか
わからなくなるのかもしれない。

理屈抜きで・・・彼にしゃぶりつきたい私が・・・行動し始める。



ss1.gif

もう待てない・・。

ss4.gif

舌先で彼の液をなめとる。
幸せとは・・・こういうこと。

目を閉じ・・・彼を味わう。
私の主であり・・・彼の希望でしかお会いできない。

対等ではない・・・奴隷の口奉仕をしなければいけない私は
我を忘れて幸せにふけってしまう。

自分の世界に浸りきってしまう。


ss7.gif


もう手の付けられない、淫乱な女に成り下がり、
彼から鞭をいただくまで・・止まらない。

唾液が彼の周りを濡らし、私に手をベタベタにする。
髪にまで自分の唾液がつく。

彼の液と私の唾液の混ざった匂いが
髪の先に染み付く。


いつも帰りの電車で・・髪を掻き上げるとき
その匂いがする。

髪が揺れるたび、彼との記憶をいやらしい匂いが呼び起こしてくれる。

今日は、髪を洗いたくなくなる。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。