FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーマルな中での『首輪』

2011/09/03 00:39
ff2_20100917000357.jpg

彼から、このまま、ブログを続けても良いものか・・・
聞いてみた。

もし私がブログを綴る事によって、彼に迷惑をかけてしまうとしたら
ブログは、閉鎖すべきだと。

私は、彼に自分勝手に電話をかけることはない。

今まで、奴隷解放されてしまった時と、数ヶ月連絡が途絶えた時だけ・・・
コールしてしまった。

今回は、少し私の中では逼迫していた。
『話せませんか?』と・・・たずねた。


そして、ブログを続ける許可を得た。
またこうして綴ることが出来た。

このブログさえ、彼の望むまま。



夫と彼が会うことによって・・私と彼は、新しく進み始めた。


海外へ出かけてしまった彼を迎えに
空港まで『奴隷』の格好で、迎え待つ事になった。

そう・・この前の『妄想』は、2週間後、現実になる。


そして彼の命令は『首輪』をする事。


ミニスカートも・・・その気になれば・・履ける。

胸の開いた服も・・・着れるかも。



でも・・・正直『首輪』は抵抗がある。
チョーカー的には、見えない首輪だし・・・。

若い女性が、ファッション的に付けるタイプには
私は、到底見えない。

彼に聞いてみた。
『冗談ですか?』
『からかってますか?』・・・と。


彼の冗談を私が本気にしてしまい、そんな格好で
出迎えてしまったら・・・彼に迷惑がかかる。

『私自身が、1線を越えるためにも、首輪ありにしよう』と
返事を頂いた。


人1倍人の目が、気になる私に・・可能だろうか。

ノーマルな人の前で・・・自分の性癖を晒せるものだろうか。

彼が傍に居てくれる訳ではないから・・・彼が到着するまで
『変態』は、私一人。

とても不安な気持ちになった。


彼から頂いた首輪を改めて見てみた。
犬用には見えない。
アクセサリーにも見えない。
黒くしっかりとした『SM』の首輪にしか見えない。


鏡の前に立ってみた。
私服のまま・・首輪をそっと付けてみる。

・・・・・・・・。


彼が帰国する日、変態最下位性処理奴隷らしく
私は、首輪を付けて・・彼を待つ。

電話を切る前に彼に聞いた
『警察に捕まりませんか?』・・・と

『捕まらないだろう(笑)』と彼は、笑いながら答えた。


私は、空港で全裸になる事もないし、sexをするわけでもない。

そう・・・首輪を付けて人前に立つ事は、
法にも触れないが、私の中では・・・とても、とても
大きな問題だ。


『殻を破る』という・・・・
首輪

そして、彼自身も、『一線』を越えてくださる。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。