FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫と彼

2011/09/01 01:41
vvv.jpg

私は、『モノ』になりたかったのか・・

sexをする時、優しく愛撫されたり、愛を語られたり
そういう経験がない訳ではない。

優しいキスから始まり、耳に吐息をかけられ
鳥肌が立つぐらい、感じた経験もある。

sexの後、優しく、後ろから抱きしめられた
満たされた感覚が・・無かった訳でもない。

SMしか、出来ない訳ではない。

ただ・・・今の年齢になって・・・欲しいもの
を、限定するようになったのかも。

タイムリミットを自覚するようになって・・。

私は、自分から、アイマスクをかけ、
彼を待つ。

始めの頃は、多分・・・アイマスクを付けて頂いていた。
自分から、準備する・・・飢えた女ではなかったはず。

今の私は、『彼』に、飢えてしまっている。

ここ、数日、ブログをサボってしまったのは・・・
理由があった。

vv6_20110901005528.jpg

夫と、彼が会うことになった。

急な話だったので・・・私は、ただただ、戸惑うばかりだった。

彼から、奴隷解放を受け、やっと、
『最下位』と言う位置を頂けた。

私の中で、彼を失う事はどれほどの
恐怖か・・・主を持った経験のある
マゾヒストには理解頂けるかと思うが・・・

『想像も付かない』・・・全てがなくなる感じ。

自分自身が、存在しなくなる感じ。

・・・そう・・『ありえない』事だった。
だから、私は、真剣に彼に請い、
やっと・・・『最下位』を手に入れた。


その最下位さえも失いかねない。
不安で、何も手に付かない。
不安で・・・神経質なぐらい埃を拭きまくった。


夫と彼は、タイプが似ては、いるが
職業は全く関連がない。

今回、夫が彼と話したいと言い出した。

彼に連絡取ってくれる様に・・と。
彼は、帰国したばかりに彼に・・・
私は、その話をしなければならなかった。

最下位奴隷なのに・・・『主』に頼めるはずもない。
でも、夫は、彼同様・・・『譲らない』。


・・・・この流れで、昨夜、彼と夫は、
4時間飲みながら話をした。



夫と彼が会うのは・・・2回目だった。

彼も夫も、紳士らしく対応をし合っている。
・・・私は全く関係がないかのよう。



彼が夫に会うのは『罪悪感』から?
夫に会うことによって・・・『終わり』を告げてしまうのかも。

眠れない夜が続いた。


一昨日『これを機に、私とは、距離が開くのでしょうか?それとも
    前に進むのでしょうか?もう私は・・終わりですか?」と・・・聞いた。


『さらに深まるよ』と・・・短いメールが届いた。


『今後の調教の話もして、第2章に入る』と。


・・・・・


夫と彼は、知人でも友人でもない。

何より、こういう状況で、会うことを承諾くださった彼と
会おうとする夫に・・驚き・・・
『サディスト』の魅力を見せ付けられた。


そう・・私は『モノ』なのだと。
そう・・・私は『存在しない』のだと。
『奴隷』とは・・・そういう存在かもしれない。


私は、もう、ノーマルなsexでは、何も感じなくなってしまった。

マゾヒストの私には、サディストの下さる
行為しか・・・感じさせてくれない

彼は、私と前に進むために、夫と会うことにしてくれた・・
と、信じたい。


4時間の間、私の話は、ほとんど出なかったと聞いた。

『最下位性処理奴隷』・・・・お似合いだ。

私を、捨てないで下さい。

最下位のまま置いてください。

・・・・・彼にお願いした。






Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

彼は君の欲望を叶えてくれると私は悟った。
君の心に抱いた欲望・・・同性愛・・・レズビアン・・・君の前で他のマゾヒストを犯すこと・・・

全て彼の野望さ



痛めつけ苦しめないと感じないサディズムのサガ

完全支配され全てを受け入れなさい
命を懸けて主に捧げなさい



あなたの人生って一体なんなんですかね・・・

自分で道を切り開けない人生を生きてきた恭子さんがあまりにも不敏で不幸に感じます
自分はあなたのような人生を絶対送りたくない

反面教師にしたいと、心底思いました

このブログは本当に素晴らしいと同時に危険な恐ろしさを感じました

こういう堕落した人生を送ると間違いなく破滅するという人間の危うさを語っているこのブログを沢山の仲間に紹介しようと思います
恭子さんの心の闇を存分に語ってください

本当にいい教訓になります



前々から 旦那さんの心境が凄く気になってました。浮気や不倫という言葉が安っぽく霞んでしまうぐらい 身体をいたぶられ骨の随まで心を持っていかれた妻と生活を共にするという心境…


たしかにモノじゃなきゃ成り立ちませんよね。 もう 食事 お掃除 洗濯… などの家事ロボットみたいな… 感情が入ってたら ふつうは破綻ですもん。



No title

どうやら旦那さんからは性処理女としての位置づけをされたのでしょうかね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。