FC2ブログ

最下位の心地よさ

2011/08/20 21:35
a8.jpg

この性欲が消え去ってしまえば・・・・・と憂鬱になる。

読書をしたり、映画を見たり、ガーデニングをしたりするだけでは・・・
満たされない。

ショッピングをしても・・・満たされない。

ノーマルなsexをしても益々・・・枯渇するだけ。

だから今は、ノーマルなsexさえしなくなった。

私が欲しいのは、ただ『SM行為』のみ。

それも彼との。

彼と会った後、数週間は・・とてもきつい。
彼を思いだし、愛しさを感じ
彼を思い出して逝く。

彼の指を思い出し乳首に触れる。

彼の指を思いだし・・針を刺してみたい欲求に駆られるもそんな勇気はない。

記憶の中の彼を忘れ去らないように、心に留めておく。

去年最後に調教を受けた時、帰り際の車の中で
私は、いつもの事ながら『私の存在の意義』を彼から聞こうとした。

『嫌いですか?』と・・・・『嫌いだ』と答えるはずはないと
まずは、安全な所から聞く。

彼は、サディストなのだけれど、人の心は、傷つけないタイプだ。
だから、私が傷つく事は・・・『言わない』と・・・思い込んで聞く。

『嫌いだったら会わないよ』と・・・いつもの答え。

私は、もっと踏み込んだ答えを聞きたかった。
『好きですか?』・・・と聞いてみた?

『答えない』・・・と彼。

『私の事好きですか?』と・・もう1度勇気を出して聞いてみる。

嫌いではないけれど・・・・そんなに好きでもない・・・もありえるし
嫌いではないが・・・・他を探すのが面倒だから・・・もありえる。

そう・・・最下位なんだから、『ありえる内容』でも十分のはずが
去年の私は・・・愚かだった。


『嫌いではない・・・好きだ』・・・が・・望みだった。
いい年をして、なんて幼稚なんだろうと思う。
でも、聞きたかった。


何ヶ月も会えない時間を・・・過ごすためにも
彼が、私を好きでいてくれたら・・・いつまでも待てる。

ただ・・・『好きでもないが・・・』『都合がいいから』『他を探すのが面倒だから』
だったら・・・そう思うと、不安で待たされる時間が・・心に重くのしかかってくる。


そして待てない理由を『彼にとって私が迷惑だから』と『彼の負担になりたくない』と
きれい事を言って、逃げ出したくなる。

そして、新しい誰かと、不安でない『関係』を続ける。

このパターンは見えているが・・全く満たされない事を知っている私は
彼に食い下がった。

『私の事、迷惑ですか?』『もう会わないほうがいいですか?』と・・・・

『そう思うなら会わなければ』と冷たく突き放す彼。

なぜ・・・いつもいつも、帰り際にこんな話を切り出してしまうんだろう。


普通のカップルなら『そんなことないよ。好きだよ』が・・定番であるかと・・。

ただ、主従関係には、当てはまらない事に・・・不思議と調教を受けた後なのに
気が付かない。

そう愛しすぎて『恋は盲目』になる。
幸せすぎて・・不安になる。
うれしすぎて帰る時間が・・切なくなる。

彼は『、まだまだ、調教が足りないな』・・・と我が侭な私にがっかりする。

彼の落胆した表情は,私をますます不安にしていく。

『悪循環』とはまさにこういう事。



言葉をなくした私は・・・少し無言になった。

駅までもう少し。

私は・・・『キスをください』と、目を閉じて彼の方に顔を向けた。

『人が沢山見てるよ。』と・・・私に呆れる彼。

『お願い』と唇を尖らせ目を閉じた。

無理だろうな・・・そう思ったが・・・少し彼を困らせたかった。
というか・・・自分自身が、情けなく、少しかわいそうに思った。


彼を困らせる意味が無い事に気が付き、目を開けようと・・・諦めた。

ほんの・・・0.1秒唇に何かが触れた。

目を開けたが、もう何も見えなかった。

『本当ですか』と・・・言葉をなくすぐらい
うれしかった。

私は、もう・・いい年なのに。
キスは、数えられないほど経験したはずなのに。

彼と、その後8ヶ月の時間が空いた。

『私の我が侭のせい』と・・・言わんばかりの
8ヶ月の罰。

私は・・・本当に『キス』が怖くなった。

私が欲しいのは、彼が私を好きでいてくれること。

『好きだよ』の4文字が欲しい。
彼の口から『好きだ』という言葉を聞いてみたい。

・・・これに懲りず、今年も、『奴隷解放』されてしまう
事になり、私は・・・・調教しがいの無い

愚かな奴隷である。


そして、最下位の性処理奴隷という、安定した位置を頂いた。
もうこれ以上落ちる事の無い・・・最下位。

(なのに・・懲りずにまた、『キス』をねだったのだから学習能力が無い)

最下位が・・私の場所。




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

いやらしい肉体。
卑猥なカラダ。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



No title

ブログのこの空間が恭子さんの気持ちを表しているのでしょうか?



fetish 様

fetish 様は、言葉の鞭が得意ですね。
鞭の痕が赤く火照りそうです。
恭子



popo様

このブログと読んでくださる皆様が・・・私が許される空間です。
いつもありがとうございます。
恭子



 Home