FC2ブログ

懺悔・・ラビアピアスへ錘を

2011/08/17 12:43


錘をさげて、お許しを願いました。

まだ、ブログは、見てはもらえてはいないようだ。

ラビアピアスは、開けてから2年経つ。

開けた当初は・・・・ピリピリ感がひどく・・・
何かをぶら下げるなんて、考えもつかなかった。

彼は、いつもハードな画像を送ってくれた。
肉体改造された、厭らしい海外物が多く
年齢がいっていても・・・・魅力的に見えた。

少しずつ・・・私が変っていく。
少しずつ・・・何かから解放されていくような・・・・。

彼が好きだから・・・彼の好きなものが好きになって行ったのか・・・
元々好きだったのか、今となってはわからない。

でも・・・昔から『変』だったような気がする。


魅力的なサディストの方が、奴隷の誕生日におっぱいを縛り上げ
乳首に下から針を貫通させ、そこに小さな蝋燭をたてて、火をつけてお祝いをしてあげた・・・
と言う話を聞いた。

とても素敵な話だった。
想像するだけで・・・濡れてしまえる。

そのサディストの方は、奴隷をたった一人とても大切にしていて
『自分に今までついてきてくれた、彼女を裏切れない』と・・・
慈しみ、いたぶり、飼い続けていらっしゃる。

年齢や容姿ではなく、自分に忠実な奴隷・・・その価値を見出しているサディストには
マゾヒストは、全てを捧げてしまえる・・・。

羨ましい二人だと心に残っている。

どうしたら・・・そんなふうに・・・飼い続けていただけるのだろうか・・・・

私は、ラビアピアスに錘をぶら下げて
ラビアを引き伸ばしてみた。
xxx2.jpg


なんて下品な・・・淫乱な女になってしまったんだろう。

錘が揺れるたび、ラビアが引き伸ばされ・・・厭らしい気持ちになる。

何センチ伸びているんだろう・・・・

鈍い痛みが、心地よく・・・錘の揺れと共に
高まっていく・・・。

こんなことで・・・いってしまったら・・・
本当に『変態』でしかない・・。


恥ずかしい・・・情けない・・惨めな気持は
どうしょうもないぐらい・・・・私をたかめてしまう・・・。

今日1日だけ、はしたない画像を載せさせてください。

後日、削除いたします。(彼に見て頂き、『画像を修正するように』と・・・修正いたしました)

xxx1.jpg

この、紐の先を、彼が引っ張ってくださったら
失禁してしまうぐらい・・・感じられそう。




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

かわりに

引っ張ってあげようか?
彼の手でなくても。恭子は逝くだろ!



後日

後日削除・・・
でもその間に視られて
詰られて、蔑まされて・・・
で感じるんだろ?



応援しています

恭子さんの綴られる言の葉、吐露されれる想いに、魅せられている一人です。
もちろん画像で垣間見る恭子さんの容姿や姿態にも惹かれて、ブログを拝見するのが日課になってしまいました。
こんなに想い、慕われている「主」は本当に幸せものですね、羨ましい。
きっと今は、大事なワインを宝物として秘匿して、さらなる熟成を待つように、恭子さんの最下等の奴隷としての熟成や深化を待たれているのでしょう・・・
恭子さんの「主」への切ない想いは充分に伝わっていますよ、きっと。
真のマゾヒストとして、恭子さんの想いが叶う日がくるまで、ずっと応援していますね。

乳首やラビアの針にキャンドルを立てられ、「主」にバースデーを祝ってもらっている恭子さんの画像をいつか拝見したいです。



fetish様

sexでいく事はありませんが‥・SMは、同じような感覚を得られます。
サディストの方はいかがでしょうか?
いつもコメントありがとうございます。
恭子



fetish様

そのとおりです。
恥ずかしい限りです。
明日、削除いたしたいと思っています。
検挙されたくはないので(笑)いつもありがとうございますv-254
恭子



元春様

優しい温かい言葉は、『真面目』で『堅実』でなければ・・・頂けないと
思って過ごしてきました。このようなブログを綴る私のようなものに
このような励ましのコメントを頂ける事は・・・とてもうれしい限りです。
私が、このようなブログを続けている理由の一つに、SM嗜好の人は、真面目で、優しく、温厚で
人を思いやる気持の強い人がほとんど・・・(といっても過言ではないかと)だという事に気が付いたから。
『SMごっこ』の人に・・・少し、違う方もいらっしゃいますが。
サディストのS的な感情と相反する『温かさ』マゾヒストのM的な感情と相反する『強さ』を垣間見る事が出来る空間です。とても、きれいな心のを持っている人々が多い気がします。私は、別として。それと・・・私などは、年齢の割りに『幼稚』なのでしょうか・・・。いつまでも夢を追ってしまっているようです。
元春様が言って下さった様に、いつか乳首にキャンドルを飾り祝っていただく事が出来ますように・・・
努力していきたいと思っています。認めていただける・・・このブログの空間は、かけがえのないものです。
恭子



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



鍵コメ K様

お返事差し上げたく思っておりますが・・・どちらに書くべきか迷っておりました。
心のこもったコメント、アドバイス心に留めておきます。
ありがとうございました。
奴隷に対するお心も、胸が熱くなる思いで読ませていただきました。
『温かい』主は・・・奴隷を満たしてくださいます。
また、御指導ください。恭子



 Home