FC2ブログ

奴隷解放の経緯

2011/08/15 00:07
q2.jpg

彼が、私を奴隷解放した理由の一つに
私の表の顔の存在がある。


6月の末に彼から頂いたメール。
調教の話をして下さるのに、実際に会うことが出来ないでいた。
7ヶ月を迎えようとしていた私は・・・彼の気持を確かめたかった。
そして彼から返事が来た。



『おはよう、恭子。

気持ちのこもったメール,嬉しいよ。

正直な気持ちは、忙しいのもあるが、それは表面上だな。

これ以上進むと、SMごっこではなく、恭子の体にピアスを開けたり、体に傷をつけることになる・・・。

そうなると恭子の旦那さんに、不快な思いをさせてしまうのでは・・・・と思うことかもしれない。

旦那さんと面識がなければ、そんなことを思うこともなかったかもしれないが。

恭子は、母としての役割もまだまだ、果たさなくてはならないだろう。

そんな気持ちが何となくあり、少し迷いがある。


ただ私が奴隷解放しても結局は、他の誰かの奴隷になるなら、

私の手でほんとうの「奴隷」にしたい。

これが本音だ。』

(私と彼の関係は、夫が認めている。特殊な関係だ。)

朝の5時に届いたメールを読み、涙があふれていた私は、
40分後に彼から届いたもう1通のメールを読み
別な意味の涙に変った。




『気持ちは、書いたがやはり結論をださないといけないな。

もやもやした気持ちや状況は、かわらないと思うし、恭子のマゾ人生はそんなに長くはないだろう。

これを機に

「奴隷解放」とする。

今までありがとう。』


私は、早朝から何も手につかず、娘と夫の弁当と朝食を作るのがやっとだった。

家族が出かけた後、脱け殻のようになった私がいた。

哀しい・・・なんていう言葉すら・・・軽すぎる。

私の気持を表す言葉は、存在しない。

『失恋』ともまた違った・・・『喪失感』とは・・こういうものかと
実感した。

『今までありがとう』と言う言葉が・・・一生嫌いになった(笑)




 Home