FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余韻

2011/08/08 18:10


昨日の余韻が冷め切らない・・・・

2年前の仙台の七夕にあわせて・ラビアピアスを施してもらった。

偶然、昨日も七夕の日だった。

私は、彼に会った日を覚えているのだけれど・・彼は『そうだったか』と
覚えていない。

1年に1度でもいいと思えるぐらいになった。

何度も彼を諦めようと思ったし・・現に今も思う時がある。

『苦しすぎる』・・・時がある。

もっと楽に関われないものか・・・と自分自身でも思う。
もしかしたら、私は、娘の年齢の女の子たちよりも
純粋に人を好きになれるのかもしれない。

何のしがらみも無いからかもしれない。

結婚相手を探すように相手を選ぶ必要も無く
両親との同居を考え相手を選ぶ必要も無く

ただただ『好き』な事が・・『愛しい』事が第一条件になるから。

彼がもっと優しかったら・彼がもっとまめに連絡をくれたら・・・
彼がもっと時間があったら・・・・もっと彼を好きになれるのだろうか・・・。

彼が・・今の彼だから好きなんだと思う。

でも・・彼から調教を受けて帰宅すると・・
また長い時間を待つことになるかもしれないと思うと

言いようの無い『心細さ』が襲ってくる。

彼から頂いた調教を綴りながら
待つことにする。

彼から頂いた新しい名刺には、また新たな役が増えていた。

忙しく、自分の時間が無いと・・・。

彼が遠く感じる。

彼が好きでたまらないのに。



・・・この画像の中の私が・・・羨ましくなる。

彼から、注射針を刺して頂き・・クリトリスフードにニードルを刺してもらっている
至福の時。

クリトリスフードのバーベル式のピアスが動くたびに
鈍い痛みを伴う。

その度、彼の指を思い出す。


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。