FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微笑み

2011/08/08 06:23

朝を迎えた。
身体が満たされた感覚...とても、懐かしい。心が満ち足りた感覚...とても、心地よい。
針刺された乳首が、気持ち腫れているようだ。指先で触れてみた。乳首が敏感になって、鈍い痛みを覚えた。痛みを感じると同時に、針を刺す彼の顔を思い出し、興奮気味の私がいた。表情一つ変えず、乳首に針刺す彼の顔は、私を感じさせてくれる、唯一の物だと思う。彼は、乳首をつまみ上げて刺すのではなく、乳首に針を当て針だけの力で開けていく。何倍も痛みが強い。貫通するまで時間がかかる。マゾヒストが痛みに鈍感なわけでもなく、痛みが好きなわけではないと、私は思っている。少なくとも、私は、痛みにひどく敏感で臆病だ。問題は、そのような行為でしか、性的に興奮しないという事。

『なぜ、これで感じてしまえるんでしょうか?』と、心の底から...彼に質問した...。彼は、少し微笑みを浮かべながら『変態だから』と答えた。

私は、彼の私に向けた『変態だから』の言葉に....彼の、『微笑み』に救われる。
彼だけが私の性癖を認めて許してくれる...貴重な存在。

彼が愛しい理由。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。