FC2ブログ

沈黙

2011/09/05 01:23


縄を鞄から取り出す彼を・・・いつもどのように
待っていたらいいのか戸惑う。

期待していいんだろうか・・・
恐れおののいたらいいんだろうか・・・
興奮してしまっていいんだろうか・・・
うれしく思ってしまっていいんだろうか・・・

とにかく、幸せな瞬間なのは隠しようもない事実で
愛しい彼から縄をいただけるのだから。

会いたくて会いたくて待ち焦がれた彼が
目の前で私のために縄を手でなめしてくれている。

この時間をどんなに待っていたことだろう。
もう永遠に来ない時間のような気がしたり
期待してはいけない夢・・・と思い込もうとしていたり。

彼の前では、きれいでいたい。
髪の毛1本1本・・・乱れたくないと思う。

そして・・・少しでも「綺麗」でいたいと思う。

でも彼は、私を肉の塊として縛り始める。

もっと・・若くて綺麗だった時期に
彼から調教を受けていたら・・・
こんな惨めな気持にならなくても済んだのだろうか。

40代の年齢が・・・重くのしかかる。

ただ、私は、20代の頃からsm嗜好だったが
smは未経験で・・・それに気持の上では、今の方が優っている。

どうしようもない・・・持って行き場のない「心」

淫らで、貪欲で、恥らいすら消し去ってしまうような・・・。

いつも、無言で縛り上げる彼に、戸惑っていた時期があったが
多くを語らない彼に・・・「怒っているのですか」
            「嫌になってしまわれたのですか?」
            「疲れているのですか?」と・・・・
質問攻めをしていた時期があった。


今考えると・・・おかしい。

いつも彼は、無言で縄をかけ、きつく縛り上げる。

私の雌豚を確かめながら。

確かに・・・『無言』しかありえない気もする。

最近は『無言』と『沈黙』の違いがわかってきたような気もする。


でも・・やはり・・苦手であり、待ち遠しい時間でもある。

 Home