FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/16 07:55
aaa12233.jpg

彼に触れてもらえたら・・・どんなに心休まるんだろう。


触れてもらえる代わりに、過去に撮った映像の中の彼の声を何度も聞いた。

彼は、SM行為の時は、ほとんど話さない。
貴重な彼の声だ。




『怒っているのですか?』と・・・・何度も聞いてしまうぐらい
無言で縛り上げ、無表情で鞭打ち、平気で針を刺す。

『何か・・・失礼な事を言ってしまったのかも・・』と不安な気持に・・毎回なる。

『私に飽きてしまったのかも』
『他のマゾヒストが良いと・・・思っているかも・・』

全て『・・・かも』なのだけれど・・・その気持を
確かめようとする心は、私の中のエゴイズムでしかない。

わかってはいても・・とても不安で、心細く、泣き出したい気持ちになる。

そして時々・・・わがままな自分が現われ

『私を嫌なら・・・縛らなくていいです
      ・・・鞭打たなくていいです
      ・・・会わなくてもいいです・・・』と

奴隷にあるまじき言動を発してしまう。


彼から優しい言葉が欲しい・・ただそれだけ。

彼は言う。

『マゾヒストの恭子は、何処までも自虐的だ』・・と

自分勝手に不安になって、自分勝手に自虐的になり
・・・そして『彼無しでは生きられない』事を自覚して
また・・彼の中で最下位でもいいから、飼っていただけるだけで
十分だということを認識する。

何回この繰り返しを・・している事か(笑)


何回も何回も繰り返しているうちに自分自身の『立ち位置』を
覚えてきた気がする。

だから・・・最近は『待て』が出来る様になった。

彼とは・・・今回の地震の事もあって・・・また半年開いてしまった。



こういう関係に慣れた。
彼しかいないのだから・・・彼を待つしかない。

彼の都合いの良い時まで、待つ事も覚えたし・・・
彼の声を聞きたくて彼の携帯を鳴らすことなく・・・
彼の職場に連絡することなく・・・
彼の家庭に立ち入る事もなく・・・

私は・・彼だけが望みだから。

彼の映像の中の声に・・・濡れてしまえる。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。