FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

器用

2010/09/17 00:40
ccci.jpg

私は、ただ縛られて鞭打たれたいだけ。
性欲が普通にあって、それに特殊な性癖があるだけ。


夫は、ノーマルなsexしか求めて来ない。
私は、定期的にノーマルなsexをしていても、何も満たされない。


去年、彼と夫が初めて会った時に、夫はサディストを辞めた。
サディスティックな感情がなくなったのか否かは・・定かではないが・・
少なくとも、私をM的に見てくれることは無くなった。


でも私の中の『M性』は色濃く残ったままで
夫は『ノーマル』な性欲に変ったような気がする。

愛撫をして、普通の性交渉で夫は達する。

私は、翌朝自慰行為をする。



『結婚』には、SMの関係を続けるに当たって・・いろいろな問題を
抱えている。それを上手く解決していかなければいけなかったんだと思う。

『主従関係』をきちっと保ったまま・・・昼間は妻として夜は奴隷として
・・・・いや・・常に奴隷としてでなければ・・・難しかったかと思う。


私の場合は、連れ子の『娘』の存在と、元夫の娘に対する執拗なかかわり・・・
があり・・・『奴隷』になりきる事が出来なかった。


戻れるなら・・・10年前に戻って、『奴隷』を再開したい・・・気もする(笑)



彼は、夫に会うことを拒むものかと思った。
彼は、夫に会ったら、冷めてしまうものかと思った。


始めは、3Pの話から入っていったが
プライドの高いサディストはそれを望む筈も無く・・・・
夫は私を彼に『譲った』・・・『譲った』という言葉は正確ではない。


私は、夫より彼を初めから選んでいたのだから。


その事に対して、夫に対して罪に意識は無い。
夫は私にとってサディストではなくなってしまっていたし
夫にとっても私はマゾヒストではなくなっていた。

夫も私の中の『M性』がこんなにも強いものだとは・・
思ってもいなかったことだと思う。

そして今は・・・私の『M性』を認めざるを得ない
そして満たす事の出来ない自分から・・・私を彼に『譲った』。

そして今・・時間的な問題がではじめた。

彼は、時間が取れない事を気にしてくれていて・・・
私を第三者に『貸し出し調教を受ける』・・・話を・・した時

『恭子の旦那さんには、少し気が引けてはいるが・・・・私は、誰かに恭子を貸し出す気は無い。
 調教もままなら無いのに・・・自分勝手だな』

と話してくれた事があった。


とてもうれしい事だった。



『奴隷解放』されてしまうのではないかと・・不安だった私には
安心できる言葉だった。


彼は、多頭飼いではなく・・・ただ一人を望んでくれている。
『そんなに器用ではない(笑)』といつも、はにかんで話す。


器用では無い彼はある意味『誠実』だったりする。

器用では無い彼は・・・ある意味『器用に女性に接しない』・・・・・

連絡が途絶えることも、突然連絡が来ることも・・・放置される事も
彼には普通の事なんだと思う(笑)

そして・・突然『明日時間が空いた』と連絡が来るかもしれないと・・・・
待ってしまう私がいる。

ただ彼は・・・『まだ誰にも飼われていなければだが・・・』と少し控えめに
私を試しながら・・・連絡を入れる。


・・・・私が、他のサディストを探してもいいということでしょうか・・・・


彼がわからなくなる。

愛しくて・・・

わからない。


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。