FC2ブログ

被虐嗜好

2010/09/03 22:20
lllll.jpg

『結局、マゾヒストは世界一 我が侭なのかもしれない』とある人から言われた。

全くもってそのとおりだと思う。

妥協が許されず、自分自身で縛り付けてしまって
主を想い続ける。

後数日で、半年になる。

桜の季節だったから。

・・・ということは・・・1年に2回という事になる。

先週『これだけ会わなかったら、『恋愛感情は2年で終わり』は、当てはまらないな』と・・・
彼が言ってくれた。

2年目を迎える私にとっては・・『終わり』にならないから・・
うれしいようで・・・。
会えない期間を考えると・・・哀しいはず。

彼が以前言ってくれた言葉を思い出す。
『7年前のように、時間が無いから・・・調教の頻度は保障できない
・・・毎日調教が欲しいなら、別なサディストを探せ』・・・・と。

私は、『奴隷解放』ではないのなら、彼に飼われていたいと・・告げた。

どんなに会えなくても『彼を失う』よりはいい。


私が・・・『一人』にこだわる理由は・・『人間不信』からだと思う。

『条件の良い方に・・・』は『もっと条件の良い方に』行く可能性がある。

『彼』以外にくことは・・・また別な『誰か』に行く事もある。


何かの『縁』で、彼に出逢い、メールを始め、5年のブランクを経て
彼から調教を受けた事は、私の人生の中でとても大きな意味がある。

『彼』だったんだと・・・信じていたい。


彼に初めて会った日を、今でも忘れない。
10月の晴れた夕方だった。
『これから空想のSMが現実になる』と・・・・漠然と思っていた。
       今考えると・・・おかしいが・・。


そう・・・現実になって『至福の時間』と『苦しい時間』を与えてくれている。

この1年、まるで『長い調教』を受けてきた気がする。

飴と鞭を、上手に使い分ける。

半年に1度頂く、数時間のために、私は、何ヶ月も待つ。


私は、『自分自身の人間不信』を払拭するためには・・・・
自分を信じられるようになれれば・・・・

私のトラウマ・・『信じられない』・・・を克服できるのかもしれない。

元夫の浮気を知った『心の傷』は・・深く影を落としているようだ。




彼が私に『冷たければ』冷たいほど・・・

彼が私を『放置すれば』放置するほど・・・

・・・その後頂く『会える』という・・・普通の事が
とても『貴重』で『至福』に感じさせてくれ。


そして何より『待っていてよかった』
      『信じて良かった』

という満足感と・・・自分自身への『自信』をも取り戻してくれている気がする。



『自分』 を 『信じられる』ようになっていく。


私は、また彼に会えると『確信』している。
・・『根拠は?』と・・・不思議に思われることだろう。



『調教したい』と彼が言ってくれているから。

『奴隷解放』されてはいないから。



私が怖いのは・・・彼からの『奴隷解放』のみ。


彼が私に冷たくすればするほど・・・私はますます・・・彼に惹かれていく。

自分の『自虐嗜好』に・・・嫌になる。
 Home