FC2ブログ

1.2.3・・・

2010/06/29 11:11
8811.jpg

過去の私は・・・受身的なsexしか記憶がない。

優しい抱擁から始まって・・優しいキスを受け
優しく服を脱がされ・・・優しく愛撫される。

いつ頃からか『もっと激しく・・してもらえたら・・』
と思うようになったのか。

はじめてSMを間近で感じたのは・・・・
学生の頃、ちょうど今頃の時期、ベランダの窓を開けて風を入れていたとき
隣の部屋から、ベランダ越しに『1、2、3、・・・』と言う数を数える声と共に
何かを打ち付ける音と共に、女性の呻き声が聞こえた。

聞き入ってしまった。
何の音かわからずに。

もしかして・・・と思えたのは、呻き声の後喘ぎ声に変ったから。

それが私がはじめて知った『SM』だったかと思う。

当時私は・・・あくまでもノーマルなsexしかしていなかったので・・
とても異常なもののように『思い』『非難』して
自分自身は『正常』であると思っていた。

『なんて異常な行為なんだろう』と・・。

1ヵ月後・・・私は引越しをした。

両親にはありのままを話すことは出来ず・・
当時新聞の勧誘で強引にドアに足を挟んで無理に開けようとした事があったので・・・
そのことを口実に別の部屋に移った。

『1、2、3・・・』は聞こえなくなった。

でも・・・・『1、2、3、』は私に頭から消えることなく
『妄想』の世界の『SM』が現実に存在した事に
何か・・とても『悪い』世界を覗いてしまったような
それでいて惹かれてやまない自分がいた。

私は・・・ひそかに・・自分で洗濯バサミで乳首を挟み
痛みを与えて・・自慰行為に耽ってしまう様になった。

そんな時・・『1、2、3・・』は必ず・・現れる。

私が・・・鞭が好きな理由の一つかもしれない。

『sm行為』に・・『嫌悪感』を感じるか
『とりつかれてしまう』か・・・私は、後者だった。


あれから20年以上・・・・私はこんなにも変態になってしまった。

隣の住人は、元夫の大学の5年先輩だった。
静かそうな小柄な女性だったか・・・・その後産婦人科の女医になった。

確かに・・彼女も『M女性』には・・見えない。

でも・・・何か別のものを感じる女性だった。

その時鞭打っていた男性は・・・部屋を出る後姿しか
覚えていない。

医者に・・・SM嗜好が多い事も・・・事実のようだ。

私の頭から・・『1、2、3・・・』は消える事はないのだろうか・・・。

vv3.jpg
 Home