FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/22 23:09
私は、今の年齢になってもなお・・ホテルに入るときは罪悪感を感じる。

不貞だからとかではなく・・・『ホテル』と『sex』に対する『いけないこと』・・
の感覚がいまだに消えない。


夫婦で行ったとしても・・人目が気になるし・・常に罪の意識を感じてしまう。
彼の家庭に対してではなくまた別の・・・もの。



彼の後をついて部屋に入る。

SMの道具が沢山あって・・重く、申し訳ない気持ちになる。



彼の脱いだ靴をそろえる時間が・・・ほんの少し罪悪感を消してくれる。

隣に私の靴を並べる。
少し離れた位置にある靴をほんの少し近づけてみる。

これから彼に調教を受ける事を忘れてしまうぐらい・・・
ほのぼのした時間。


『彼の隣』
私には・・・とても居心地のいい場所。


彼がバックを開け始めて、何かの準備を始めている。


普通の関係がどうかわからないのだけれど・・・
ホテルに入った瞬間、彼に抱きしめてもらえる事も・・・
彼にやさしいキスを頂く事もない。

彼は、お気に入りのDVDを見はじめる。

そんな時、私はどうしたらいいのか戸惑う。

彼に必要とされていない様な・・・そんな気持ちになる。


彼が見入っているDVDの中の女性が羨ましくなる。
彼に興味を持っていただいていると・・。

泣き叫ぶ彼女の声が・・・羨ましい。

嫉妬しながら・・彼を見る。
彼が・・冷静に見ていることがせめてもの・・救い。

恐る恐る彼の指に触れてみる・・・。



『会いたかった』・・・と。



彼の指を1本1本確かめながら・・・口に含み始める。

毎回・・このときに・・・涙がこみ上げてくる。



『本当に、会いたかった』・・・と。


時々思う・・・彼は常に私をいじめ続けている。

『彼に愛されたい』と想う気持を許してくれずに・・

『どうでもいい存在』だという想いを・・・私に植えつけている。




いじわる・・・です。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。