FC2ブログ

やさしい時間

2009/08/31 11:31
anaru_convert_20090831084943.jpg


時間がゆっくり流れているときと
時間に流されそうになるときと・・・・・

何が違うのか・・・。

やさしい時間が好きです。

SMの中にも・・・・あんな残虐な行為の最中にも
       「やさしい時間」が流れます。

きっと、SMを心から信頼できる人と経験した人には・・
わかってもらえると思いますが。

御主人様の冷ややかな・・・サディスティックな表情の中に
「やさしさ」を感じた瞬間が・・・・痛みすら消し去ってしまう
そんな瞬間が・・恋しい。


もうひとつの・・やさしい時間。

手首を拘束されて吊るされ・・・痺れてくる。
拘束しながらも・・・・・身体に負担なく縛ってくださっったのですが・・・
私は激しくもがいてしまい・・・。
手に血がかよわなくなる。

自分を忘れて夢中になって逃げ出してしまう。
逃げたいのに、拘束されて逃げられない。

紫になるまで縛り上げられた乳房。
紫になった手。
足首から太腿にかけて縛られとても惨めな格好。

鏡の前に晒された私は・・・・私じゃない。

獣のような淫らな・・・・・はしたない女
縛られて感じてしまっている・・・・・知らない女
バイブを挿されて、いってしまっている・・・・恥ずかしい女

私なのかも・・・鏡の中のその女は・・・

私のような気がする。

ほんの少し・・自分なのかと・・・・・           
認めた時間は・・・・・

やさしい時間なのかも




Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



安らかな時間ですね。

恭子さん、こんにちは。

身も心も委ねるご調教の時間は
どんなに厳しい責めであっても優しい時間ですね。
痛いのに熱いのに苦しいのに
心が安らかで素直で居られる自分がそこに居ます。

そんな時間を持てるMって幸せですよね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



ありがとうございました

銀の首輪様

いつも優しい言葉ありがとうございました。
少し・・体調崩してしまっていました。

また話せてホッとしています。

私にも癒しの時間です。



こんにちは

よっさん様へ

コメントありがとうございました。
少し体調を崩してしまっていました。

ご心配おかけしました。

二人いる私は・・・時どき許可も無く・・・淫らな私が現れることがあります。
眠りについているときが多いかも・・。

男性とは違うので・・・夢精のようなものは・・・ありませんが。
起きたら濡れてしまっていたり・・・・。

男性のお話もお聞かせください。

楽しみにしています。



安らかな時間

ゲイMT様

コメントありがとうございました。
少し体調を崩してしまって・・・・お返事遅くなってしまいました。

ゲイMT様のブログも毎日読ませていただいていたのに・・・。
また遊びに行かせてください。

Mの基本的な心をいつも思い出させてくださいます。

身も心もゆだねられる時間は・・・何物にも変えがたいです。
その時間を待ちきれず・・・催促してしまっていた私は・・・
愚かな奴隷だったと・・・思えるようになりました。

ゲイMTさまのコメントは・・・ホッとします。
女性以上に・・・やさしい心に
私も、心安らぐ時間を頂けました。
ありがとうございます。

Mでよかった・・・と思いたいです。



こんにちは

まあとうん様
コメントありがとうございました。

SとMの共存について考えさせられます。

私の中にも・・・時どきS的な感情が現れたりするから。

それは・・・して欲しい感情なのか・・・
       したい感情なのか・・・・・
わからない時があります。

不思議ですね。

お話してみたいです。



おはようございます

硯 白檀 様

短い時間でしたが、

素敵な時間をありがとうございました。

私は・・・どこまで淫らなのか・・・
そして・・・どこまで人間不信なのか・・・・

いろいろ考えさせられました。

私は・・・・ごく普通でいたいのかも。

きっと・・自分のSM嗜好も・・・普通だと考えたいのかもしれません。



硯 白檀 様は、SM界のカリスマ的存在の方で

私などお話できただけでも・・光栄です。


一度・・・紫陽花の花を見てみたかった・・・・。

                             恭子





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



Trackback

Trackback URL:
 Home