FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMクラブにはないもの

2010/02/08 08:32
r4.jpg

数回のSMクラブでの体験は私の中に『特別な何か』を残してくれた。

風俗なのだけれど・・・また別のモノがあるきがする。



私のようにM性を持ちながら・・・どのようにしたらいいのか・・・
わからないでいるマゾヒストが多いのだと思う。


『不倫』をしたい・・・
『刺激が欲しい』のとはまた違う・・・
心を満たす方法を模索する事は罪なのだろうか・・・・と。

最近思う。

趣味・嗜好を超えた・・・『どうする事も出来ない』M性を・・・
何とかしたい・・・
そんな些細な『望み』なのだけれど・・・
叶えるには・・・自分自身の『基準』を取り払わなければ・・・始まらない。

私自身も元夫の『浮気』がなければ・・・ごくごくノーマルな主婦で終わっていた事と思う。
知らなければ・・知らないで済んだのかもしれない。


今は、マゾヒストに目覚めた事に感謝している。

クラブでは私のように金銭的な目的ではなく『M女性』としてSMを求める人もいると聞いた。
私は他の従業員の人に1度も会うことなく、事務所に出かけることなく・・・済んだ。
もう少し在籍していたら・・・どんなふうに私自身が変わっていっていたんだろう・・・・。


店長様とお試しのサディストの男性と1度きりのプレーは・・・今でも鮮烈に思い出す。


お試しのサディストの人にリードごと引き渡された私は、まるで『奴隷売買』された『奴隷』そのものだった。
這って男性の後を付いていき、部屋のドアを閉められたときの不安な気持ち。
何をされるんだろうと言う『不安』と・・・『期待』。

『期待』してしまっている自分自身を罰したい気持ち。

40を過ぎた女が、初めて会った男性に全裸で首輪を付けられて引きずり回される光景。
DVDの世界でしか知らない。現実にはありえない事だと思っていた。

鏡の前で秘部を大きく開かされて拘束されていく自分の姿に・・・ひどく感じて濡らしていた。
さっき会ったばかりの『男性』に・・・期待している私の淫らさに『嫌気』をさしながらも・・・
身体は反応してしまう。


私は・・『レイプ』をされたとしても・・・実証されない『タイプ』なのかもしれない。
『淫乱女』には・・・。

そんな事を思いながら・・『冷静』な私と『泣き出したい』私が存在していた。
冷静な私は・・・どこか遠くで見ているような感じで・・わたしは半泣きしながら
感じた声をあげ・・入れられたバイブの振動に高まりながら『逝ってしまいそう』な自分にブレーキをかけていた。こんな状況で逝ってしまう・・・『最下位の女』にはなりたくはなかった。

ただ・・私の中の今まで隠してきた『存在』が、今の状況を待ち望んでいたのも確かだ。
私は恥ずかしいぐらい・・・濡れてしまっていたのだから。

部屋の薄暗さに感じ、見知らぬ男性に感じ、鏡の中の自分の姿に感じ…愛液が太腿を伝うぐらい濡れてしまっていた。



この・・・感覚もSMクラブに長く在籍していくうちに・・・『慣れて』しまうのだろうか・・・。
私は『慣れ』ではなく『構築』を望んだ。

彼と信頼関係を築き上げながら・・・SMの絆をしっかりした物にしていく。
彼から受ける痛みを少しずつ・・・増やしていくことが出来るように・・・なりたい。
彼から受ける辱めをいつまでも・・・感じ続けていたい。
彼から受けるお褒めの言葉に・・・・幸せを感じていたい。

私は・・・彼に『慣れ』たくはない。
彼にも・・私に『慣れ』て欲しくはない。

私の欲しいものは・・・・何なんだろう。
自分でもわからない。

時々…SMクラブの世界を思いだす。
でも・・・そこには私の求めているような『出逢い』はなかった。

私は彼との出逢いを大切にして行きたいと思っている。

何故かわからないのだけれど・・・人間不信の私が彼を信じてしまえるのが・・
・・・・・不思議だ。


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。