FC2ブログ

お互いの過去

2009/08/26 08:49

御主人様の最初の奴隷であって・・最後の奴隷でありたい・・・・

きっと普通の恋愛でも誰しもそう思う時期があるかと思う。


愛しいから・・・自分だけのものでいて欲しい。

結婚生活も、そう思って幸せに過ごしていたから・・・
初体験の相手と結婚できて幸せだと思っていた。
裏切りを知るまでは・・・。


SMも経験をしながら・・・いろいろなプレーが出来るのだと思いますが・・・
私は、はじめての相手とずっと積み重ねていきたかった。

鞭も蝋燭も、飲尿も、露出も・・・・
初体験はいつまでも心に残るから・・・・

御主人様の過去の奴隷の事を聞きたい・・・知りたくない・・・・・
ジレンマから・・・つい聞いてしまう。

そして今の自分と比べてしまう。

自分が努力して何とかなる事は・・・出来るだけ努力したい。
でも・・・どうしてもできない事は・・常に・・・コンプレックスになってしまう。

そのコンプレックスから抜け出さなくなって・・・
「こんな私でもよろしいですか」・・・と
確かめたくなる。

そして
「奴隷として飼い続けてやる」
と言っていただけても・・・・・・
心の中で、その言葉だけでは信じきらない・・・・
不信感の塊のような私がいる。

きっと、もっと優しい言葉を言われても
信じられないと思う。

だから・・・鞭で打っていただいている瞬間は
私だけを思って下さっている時間だと実感させてくれる。

鞭を使わず・・・手のひらでお尻を赤くなるまで
叩いてくださるときは・・・・・この上ない幸せを感じる。

御主人様の手もかなり痛いはず。

私のお尻は・・・・真っ赤に腫れてしまって・・・
ほんの少し触られただけでも・・・・・・・・・・・・・・
息が止まるぐらいだから・・・・・・・・・・。

何も考えないで済む・・・・

至福のとき。





Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



せつないです

はじめまして。私はほんとにMというわけではないですが、えっちな言葉を言われたり言わされたりすると感じるタイプです。少しM的な行為に興味があるのはもちろんですが、女性のアダルトブログというのに興味があって読んでみました。
プレイの傾向は違うけど、ご主人さまに対する恭子さんの気持ち、わかります。他人が軽々しくわかるなんて言うのは図々しいと思われたらごめんなさい。
私は4ヶ月ほど前に、今までになく愛した人に捨てられました。彼のためなら何でもしたかった。彼の過去の女性の話も気になって聞いてしまったし、ちょっとした彼の気分の浮き沈みで「他の女の人がいるの」と聞いてしまって…。私はすぐ泣くようになって医者で抗うつ剤を処方されました。すごく好きだから、捨てられるのが怖くて悪い予想ばかりしてしまう。こういう重いのが嫌で彼が去ってしまったのはわかっています。でも自分の全てを受け止めてくれることを期待してたんです。いつかそういう人が私にも現れるって、そう信じて生きています。
恭子さんのブログは、愛した人の思い出を語り、純粋に人を愛し求めたいという心情を綴った日記だと思います。また読ませていただきます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



鞭が恋しくなります

銀の首輪様

コメントありがとうございます。

銀の首輪様の想像通りです。

信頼関係の無い鞭は・・・1度経験しましたが・・・・
心が入らないから・・きっとその事が相手にも伝わってしまうから・・
結局・・・満たされないものになってしまうのでしょうね。

でも・・・そんなときにでも感じてしまったりする
淫乱な自分が嫌になってしまう事があります。

本当は、好きな人とだけ・・・と思っていますが。

鞭で打ち据えられたい・・そういう感情が
出てきます。

感情はなかなか思い通りには行かないから・・・。
激しく鞭打たれたい自分がいます。
でも・・やっぱり鞭は怖い・・・・。
この矛盾した感情は・・・何なのか・・・わからないままです。



こんにちは

まあとうん様

また遊びに来てくださり
うれしいです。

きっと私と同じ感性を持たれていらっしゃるんだと思います。

MでありSでもあり・・・。

Mはいつか昇華して最高のSになれると・・・
聞きました。

私の中に・・・・サディスティックな1面があるのか
して欲しいことが・・・したい欲求になるのかは・・・わかりませんが。

奴隷の私は・・・やっぱりいつまでも奴隷なのか・・・

奴隷で御主人様に遣える幸せは・・・
やっぱり忘れられません。

まあとうん様のメール、いつもうれしいです。




同じ気持ち

LUCY様

はじめて、同性の方からコメントいただきうれしいです。

お気持ちわかってくださって・・・当然かと思いました。
私もLUCY 様と同じ感覚だから。

読んでいるうちに胸が締め付けられる感じがしました。

私も・・何度となく・・・自分の「重い想い」に悩まされました。
その不安を拭い去れなくて・・・・・御主人様に確かめてしまう。

期待した答えが得られず・・・かといって・・・もっと
確かめる事もせず・・自分自身の中に溜めてしまう。

相手の気分による行動に振り回される
そんな自分も嫌になってしまったり
それでも・・・健気に待ってしまったり。

今考えると・・・かなり鬱状態だったのかもしれませんね。

一途さ・・・は・・・とても貴重なものだと思っています。
きっと LUCY 様の綺麗な心をわかってくださる人が現れます。

そういう私も・・・「愛しい私だけの愛奴」と頂いた
メールを今でも保存してしまっています。

LUCY 様のように・・抜け出さなければいけないのは
私かもしれません。

私自身、最初の結婚のトラウマがいつまでも付きまといますが
LUCY 様は、とても強く生きられるかただと感じました。

勇気付けられました。
ありがとうございます。

また遊びに来てください。

お話出来てよかったです。



はじめまして

よっさん様

コメントありがとうございます。

「縁」ってあるのかな・・そんなことを感じました。
昨日は・・少しいろいろな事を考えてしまって
ブログお休みしようかと・・・・考えたりしていました。

何となく自信もなくなってしまって。

あまり中心で活動する事が嫌いです。。

そんなときに、新しい方からコメントをいただけて
元気が出ました。

このブログを始めて・・・「SM」のジャンルなのに
心やさしい人が多いです。

よかったら、お話してください。

ただ・・私は真面目な私と・・淫らな私が共存していますので
そこのところを・・ご理解ください。

「縁」があって・・また・・ブログ続けさせていただきました。
こちらこそよろしくお願いします。



「絆」

この世に「赤い糸」と言うものがあると信じますか?

「絆」という字は「糸」を「半分」づつ・・と書きます。
縁と言う糸を半分づつ引き合い引っ張り合うのが人の縁
強く引けば切れる、引かずに弛ませれば縁も切れる。
片方だけ引いても糸は弛みますね、男と女は瓶の内と外。

切れずに引き合うその糸が二人の絆、まさにsとmとの間です
ここまで来い、ここまで出来るが俺の為に、とsは試すのです

濡れる牝に濡れる事を確める、それは触る事も無く見詰め合う「目」でしょう。
本気になったsとmは見詰め合う「目」で何もかもがわかるもの。
それは「愛」「恋」?男と女の情がなすものと信じます。
sが「愛しい」と思う気持ちはノーマルの世界以上でしょう。

sはmに何を指示・命令をしようが、遊びでは何もできません
何が起ころうとも守り抜く気持ちがあればこそmも信頼できる絆です。
万が一の事故があればmの身を綺麗にして何事も無かった名誉を後始末し
その場で自分も共に逝く覚悟でsはmを責めている事を知っていて下さい。

遊びでは出来ない感性は人並み以上の想像と理想の引き合いを
真剣に確かめ合っているのです。

清楚と淫乱との同居は誰しもの事です。
「主」である俺にだけその淫媚な淫乱に悶え狂ってくれと願うsの気持ち。

人としての人格も尊厳も剥奪しての責め陵辱にも心だけは汚さずにいたいものです。

その心だけは「表」の清楚だけに置いておきたいsの心。

世間には理解されない性と嗜好の世界にも真実ロマンチストであるからこそ
今の恭子さんはそのまま続けていただきたい貴女のブログなのです。
いつまでも貴女は貴女でそして牝で有って欲しいと願います。


                      白檀



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



「絆」

白檀様

心の残るコメントありがとうございます。

白檀様のような魅力的なサディストの方には、沢山の
マゾヒストが集まってくるのでしょうね。

コメントを見てそう思いました。
真剣に一人一人を想ってらっしゃる。

以前聞いた話に、多頭飼いサディストの方の話でしたが、
なぜ、そこにマゾヒストが集まるのか・・・・・・と。

SMという限られた世界で、SとMが出逢うきっかけも
出逢うチャンスも少ない。

そんな中で、真の魅力あるサディストに、
マゾヒストが群がるのも・・仕方がないことかもしれないと。

普段は性癖を隠している人が多い中、
オープンにされているサディストの方は
奴隷に対しても、責任を持って接してらしゃるから・・・
奴隷の方も安心して身を任せられるのでしょうね。

白檀様のお話を聞いてそうおもいました。

「共に逝く覚悟」

魅力的な言葉です。

そんなお気持ちがMの方々に届いていらっしゃるのですね。

私はまだまだ、未熟なようで・・・どうしても御主人様を独占したい気持ちから
抜け出せないでいます。

いつかそんな気持ちも変わる事が出来るのかもしれませんが・・・・

自己犠牲的な・・・従順なマゾヒストになれることが・・・あるのかな・・・・
今は、まだ、自分の気持ちを優先に考えてしまう・・・エゴイストな私なんだと思います。

白檀様の優しいお言葉、うれしく心に留めておきます。

白檀様も、いつまでも魅力的なサディストでいて下さい。

                                      恭子









真面目な恭子です

よっさん様

コメントありがとうございました。

こうしていろいろな方とお話できるのは・・・こういうブログという形でしか
なかなかできない事だと思います。

きっと・・普通にどこかで出逢っていても・・・
私はMです・・・とは話さないから。
よっさん様も同じかと思いますが。

考えてみたのですが・・このコメントを書いているときの私は
きっと、真面目な私なのかもしれません。

スイッチが入る・・・とよく言われる事がありますが・・・
真面目な私が・・・淫らな私になるスイッチを
押してくださるのは、サディストの方ですし
そのスイッチを持っているのも・・サディストの方なのです。

今は・・時々・・・自然にスイッチが入ってしまうから・・・
そんな時は・・・・とても寂しく思います。

よかったら、またお話ください。

ありがとうございました。



Trackback

Trackback URL:
 Home