FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感じのいいマゾヒスト

2010/01/05 22:50
b8.jpg

私の日常が動き出した。

今年2回目のジムに行って「今年もよろしくお願いします」と
笑顔で挨拶をしてきた。

私は黙々とトレーニングをこなしている。
あまり・・人と関わることが好きではないのかもしれない。
出来るだけ話しかけられないようにしている・・・無意識に。
会話が苦手なのではない。

好きな人としか話したくないのかもしれない。
かといって露骨にそれを表すことも苦手なので・・
壁を作るようにしてしまう。
そのことが余計『真面目な人』を印象付けてしまうようで
思った以上に声をかけて頂く。

そして・・・ついつい『感じよく』話してしまう。


私は・・・こんなにも・・マゾヒストなのに。

昔からそう。

本当に私を見分けてくれるのは・・・

サディストのあなた。



b1.jpg

彼が与えてくれたシンプルな張り形。

私はバイブを使ってオナニーをして・・いった後・・・抜くのが怖い。
怖いというより・・痛い。

痙攣が収まるまで時間を置いてから抜くようにはしているが・・・。

そんな時いつも思う。

バイブは・・・私を慰めてはくれない。


大きいリングは挿入する時・・・一緒に引っかかってしまいそう。
思いっきり引っ張られてしまったら・・・どんな感じがするんだろう。

私の被虐性に火がついてしまった。

とまらない。

b5.jpg

以前彼が私のクリトリスをもてあそんでくれたことを思い出した。

こんなふうに・・・2倍近く膨れ上がったクリトリスを
冷ややかに眺めながら・・・

何度も何度も吸い込んでくれた。



何かが変わりそう。
逝く感覚とはまた別の・・・何かが来そうな感覚があった。

『我慢するな』と言われたが・・・

その感覚を押し戻してしまう。
あのまま・・・彼に任せてしまっていたら・・・何がきたんだろう。

もっと従順なマゾヒストだったら・・・どんな感覚を迎えられたんだろう。
彼が望んだのは・・そのことだった気がした。



自分のクリトリスを眺めながら・・

その時の事を・・・その時の彼の手を、声を、冷ややかな視線を
思い出した。


自分で吸い続けた・・・壊れそう・・・身体も・心も。

気が付いたら・・リングの間で真っ赤に染まったクリトリスから
血が出ていた。


アブノーマルな私は・・・そんなことで感じてしまえる。


『感じのいい』はずの私が・・・。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。