FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷的な扱い

2015/03/12 10:30
securedownload-(18)_201503120849171fc.jpg

私は、彼の『つまらない写真だな』と返信に・・・どうしたらいいのか
途方にくれた。

自画撮りの『今日の奴隷』を彼に送った後の彼からの感想。

『自分で撮るには、限界があります』と彼に告げた。

『仕方がないな』と彼。

『貸出調教を受けて、F様が喜んでくださる写真を撮ってきますか?』と・・・
少し投げやりに、彼の反応を確かめた。

『そうだな』・・・と。


私が貸し出されることは、『興奮もする・・・が、葛藤もする』と答えてくれた彼の心の
『嫉妬』や『葛藤』ということより・・・・『興奮する』方が優先されてしまったのかと・・・・。

自分の『最下位』を改めて思い知らされた。

私は、貸出調教を受けることにした。

彼は、仕事が忙しく、何度も調教がキャンセルになっていた。

貸出調教の前日彼は、『時間ができたから、8時にミストレスで』と、急に連絡が来た。

心のどこかで、ほんの少し嬉しがる私がいた。

『ありがとうございます』と告げると

『恭子は、私の奴隷だから』といつになく優しい言葉を頂いた。


『ミストレスには、先に行ってますか?』と尋ねると
『一緒に行こう。ミストレスの前で8時に待っているように』と。

私は、急遽、都内のホテルを取り、1日早い予定に変更した。

役員の彼の予定は、かなり強引な予定変更が有り
私は、ただそれに従うのみ。

それでも・・・心躍り、シャワーを浴び、準備をしていた私に彼からメールが届く。

『もう少しでF様に会える』とメールしたばかりの私は、

『銀座のママも誘ったら、来ることになった。
仕事が長引きそうだから、先に行っていてくれ』と・・・。

涙もろいわけではないが・・・彼の奴隷になってから
私は沢山泣く。

私は、彼の立場を考え、深夜でもない限り彼と一緒に行動しない。

食事・・・タクシー・・・も当然。
彼の隣に並ぶこともなく・・・・地下鉄も彼から4~5人離れた所が
私の立ち位置だ。

銀座のママをタクシーで拾ってからミストレスに向かう・・・と。

何かが・・・壊れていくような気がした。

『表の彼の顔』を知っている存在は、私だけだった・・・という
神聖な境界線を侵されてしまったかのような・・・。

私は、ミストレスに行けない・・・そんな気がした。

それでも、彼に恥をかかせてしまってはいけない・・・という
気持ちが表れ、私は、ミストレスに向かった。

調教って・・・恐ろしい。

絶対服従を身につけさせられた・・・。

IMG_1271.jpg

ミストレスで私は、足を固定され、お尻を高く上げたポーズで、彼と、初めて会った綺麗な銀座のママに
お尻を叩かれ、まるで・・・本当の奴隷のように扱われた。

ただ、銀座のママは、私に気遣い戸惑いながらの対応をしてくださった。

私は、『最下位奴隷』の私と...『彼に恋する』私を・・・うまく扱う事ができずに
彼を失望させ...途中で帰ってしまわれた銀座のママに『どうしてくれるんだ』と・・・
彼に叱責され・・・・幼い子供のように動揺した。

『もうやめよう』・・・・毎回そう思う。

『もう今回で終わりにしよう』・・・・心から思う。


『何をしているんだろう』プライドの欠片もない自分に・・・嫌気がさす。

ミストレスの更衣室で、涙する私に、さやか様が、電話をかけるフリをして
温かく、優しく・・・慰めてくれた。

『慰める』って・・・本当に癒される・・・ってことなんだな・・・と
身にしみて感じた。

なんだか・・・いい年をして、私は、たくさん涙した。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。