FC2ブログ

凛とした振る舞い

2015/02/03 08:24
IMG_8908.jpg

凛として、振舞うことができない私は
やはり、いつもの私らしく・・・情けない恭子だと・・・自分でも思う。

今回の『身をひこうと思います』は、心のどこかで打算的な感情があったような気がする。

『他の女性が良いなら・・・私は去ります』的な、普通の恋人同士のような
そんな気持ちが抜けきれていない。

『嫉妬』心を持ってしまうことは・・・何年奴隷をやっていても
克服できない大きな課題だ。

ただ、彼も言って下さったように『貸し出しにたいする、嫉妬にも似た感情』。

この、切ない感情がなくなってしまったら...『心』もなくなってしまい
単なる『SMプレー』の関係になってしまうのだと思う。

『SMには、情が必要だ』と以前彼が言っていた。

『情』とは、愛しさ、恋しさ、そして身を焼き尽くすような、嫉妬心も
含まれている。

IMG_8975.jpg

彼が愛しくて仕方がない。

初めて彼から調教を受けた頃、『こういう関係はどのぐらい続きますか?』 的な質問をした記憶がある。

『統計的に恋愛の感情は、2年ぐらいしか持たないらしいから・・・それぐらいかな』 と彼は最初言っていた。

結婚ではないし、誰かに対する義務もない。

『気持ち』がなくなったら・・・終わるしかない。

漠然と『2年』を頭に入れていた。


今も・・・8年目の今も、彼への強い恋心や、愛しさは消えることがない。

『恭子の脳内ホルモンは、異常なんじゃないか(笑)』と彼が言う。

恋をすると脳の覚醒物質、ホルモン(ドーパミン)の濃度が上昇して
脳が快感を感じる。

このドーパミンの大量の分泌は、体への負担が大きく長く続かない・・・そのため
せいぜい、長くて3年で恋愛の賞味期間。

8年間、ドーパミンが出続けている私は、どこかおかしい。

医学的にも、脳内ドーパミンが過剰に増えると、精神や本能のバランスが狂ってしまうとも
言われている。

確かに・・。
8年目の私たちが、身を焼き尽くす『嫉妬心』を感じたり
SM行為で、痛みを与えられたり、ミストレスで晒されたり、
そういう感情は、別な意味で『脳内ホルモン』の代わりを与えてくれているような気がする。

彼と知り合ってから・・・13年目になろうとしている。

実際に調教を受けてから8年目。

『こんなにまでなるとは、思っていなかった』と・・・彼の正直な感想。
この前、一緒に朝を迎え、ベッドで冷たい彼が言った言葉の意味が
ほんの少しわかった。

彼の多忙な仕事の話を聞き、『私と、こんなことをしていていいのですか?』と聞いた時の
彼の言葉・・・。

確かに・・・8年前は、こんなにまで・・・深くなるとは思ってもいなかった。

最初は、ただ・・・ただ『妄想を現実の世界に』だった。

SMの世界は、とても奥深く、脳内麻薬を、SMの調教という形で
私の体に出し続ける・・・。

『禁断の世界』だと・・・実感した。



{追伸}・・・私たちのSM観は、必ずしも正しいとは思っていません。
私も彼も・・・初めての世界で、手探り状態です。

賛否両論あるかと思いますが・・・不快な気持ちになられたときは
申し訳ありません。

もうすこし・・・SM的ドーパミンを彼から頂きたいと・・・
淫らな私は思っています。

こんな私のブログにお付き合いくださいますこと、心から感謝しています。



 Home