FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣の記憶

2015/01/22 01:18
IMG_1101.jpg

私は、『一人SM』なるものをして過ごす。

『一人SM』って何?・・・・・と彼から質問された。

はじめは、彼に『今日の奴隷』として送る画像を撮るためだった。

でも、彼はその画像を見てくれることもなく・・・時々、気の向いたときだけ
目を通してもらえる。

私は、こういう行為でしか感じる事ができない。

普通の性行為では全くと言っていいほど・・・感じることができない。
欠陥人間だ。全く感じないかといえば・・・嘘になる。

優しい愛撫や抱擁で昂まりも覚える。

でも、快感はこういう変態的行為でしか得られない。

このコルセットは、自分ではなかなか着ることが難しく
鏡を目で追いながら、1本1本締め上げていく。

中で、コルセットが丸まってしまう(笑)
ぶざまに肉がはみ出す(笑)

彼との調教で、私は、彼にコルセットを締め上げて貰う事が度々ある。

奴隷としてご主人様にしていただくなんて...『恐れ多いこと』のような気がする。

そんな時彼は優しく丁寧に紐を引く。

この時、私は、いつも母に浴衣を着せてもらっている幼女の気持ちになる。

紅い金魚の模様の浴衣だった記憶がある。
少し照れくさく・・・少しうれしくて・・・これから始まることに期待を膨らませた記憶。
彼は、紫のコルセットを綺麗に着せてくれた。

私は、夏祭りではなく・・・ミストレスに出かけた。

前のエントリーのように・・・。

夏祭りではしゃぎ過ぎて、転んで膝を擦りむいてしまったかのような・・・(笑)そんな気持ちだったが・・・
ホテルの部屋についた私は、彼と2人きりの空間を大切にしたかった。

彼と泊まれるのは・・・最後かも知れないと。

タクシーから降りた私たちは、また別々にホテルの部屋に向かった。

彼が先に入り・・・私は少し時間を置く。
さっきまでの惨めな気持ちをすっかり忘れて
私は、とても舞い上がっていた(笑)
単純な人間のようだ・・・・私は。

部屋に着く前に、エレベーターの中の鏡に映る姿を確かめた。
髪を指でなおす。

口紅がとれかかっている。
化粧も落ちかかっている。
部屋についたら・・・直さなくちゃ・・・と。

部屋の番号を間違わないように何度も確認した。
そんな時、彼は、扉をほんの少し開けておいてくれていた。

そんな・・・些細なことが妙に嬉しく感じた。

私の幸せの閾値は・・・低くなっていた(笑)

部屋に入った私に彼は冷たく言い放った。

『全部脱げ』・・・・・・と。

せっかく、浴衣を着たのに・・・・という私の気持ちは・・・
『せっかく、奴隷の衣装をきれいに着ているのに』・・・・という考えになってしまっていて
彼に浴衣姿・・・じゃなく、『きれいに着れたコルセット姿』を見て欲しかった。

なんとも・・・幼稚な考えだった。

『頭からおしっこをかけてやる。オシッコまみれがいいだろう』と彼は言った。

彼のオシッコを頂けるなんて・・・嬉しいことだったのに・・・
私は『せっかく奴隷の衣装なのに』・・・と・・・彼に歯向かってしまった。

彼は、そのまま朝まで機嫌が悪いままで・・・私は、ひどく悲しい夜を過ごす羽目になった。

そういえば・・・子供の頃・・・『浴衣を脱ぎたくない』・・・とダダを捏ね、
浴衣のまま眠ってしまい、翌朝、しわくちゃになった金魚の柄の浴衣を見て・・・・
学んだはずなのに・・・。

愚かな奴隷だった。

私は、ミストレスのさやか様や、ゆうな様のように、奴隷のコスチュームで
彼に奉仕したかっただけ。
でも、私は、ミストレスの女王様になれるはずもなく・・・
オシッコ、精液、唾液にまみれのたうち回るのが・・・
お似合いだと言う事に・・・やっと気がついた。

weew1.jpg

『最下位 便器奴隷 恭子』 と彼は呼んでくれていたのだから・・・。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。