FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚かさ・・・

2014/09/17 01:51
securedownload-(24).jpg

翌朝、彼は、半分ちぎれかけた乳首を見て言った。

『舐めてあげるよ』・・・・と。

私は・・・奴隷の私は、彼に愛撫してもらった記憶がない。

彼が乳首を舐めてくれた記憶はない。

歯を立てて、乳首ピアスを噛み切られそうになったことはあったかもしれない(笑)・・・。

私は、数少ない彼の舌が私の乳首に触れたことを思い出し・・・
躊躇した。

『やっぱり・・いいです』とお断りした。

いつも奴隷の『NO』は受け入れられない。



私は、恐怖と、興奮と・・・なんだかわからない感情に埋め尽くされた。

『身をまかせる』とは・・・こういうこと。

全て彼の意のままに。

半分ちぎれた乳首ピアスを全てちぎってしまうのも・・・彼の望むまま。

彼は、本当に静かに、舌を這わせた。
ゆっくり・・・丁寧に。


私は、恐怖なのか・・うれしさなのか・・・ただ動けずにいた。

『血の味がする。鉄のような味』と・・・彼は告げた。


私は、彼が好きなのか・・・・彼に調教を受けて、彼が絶対的な存在と
なってしまったのか・・・・よくわからない。


彼は、優しいのか・・・・冷酷なのか・・・わからない。

7年飼われていても・・・彼を理解できない私は、愚かな『奴隷』である。



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。