FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私なりの・・・smの関係

2014/08/31 01:17
写真-4-(20)

釣りの錘は、見た目以上に重い。

重さで引き伸ばされる、乳首を見ながら、
私はいやらしい気持ちになり、自分の身体が自分のものではなくなっていくような
不思議な感覚に陥る。

こういう行為を望んでいた・・・というか・・・こういう願望を
ずっと持ち続けていた。

そして誰にも話すことなく・・過ごしていた。

12年前彼に出会うまで・・・・・は。

男性に強く乳首を摘まれる行為で感じていても
声を出すことをためらい、感じていることを隠していた。
『ノーマルな女』を演じていたし・・・・、
洗濯バサミで乳首を挟まれて・・・嬉しさと快感で高まってしまっても
平静を装った。
そして、その相手との行為を何度も思い出している程度だった。

ずっと隠していた性癖。

性器にピアスを開け、いたぶられることが・・・快感だなんて
誰に言えるはずもなかった・・・。

彼が、12年前に『乳首にピアスを開けよう』というメールを下さった時から
彼に夢中だ。


『恭子は、妻であり母であるから究極のsmは難しい。

恭子に刺青をしたい。焼印を入れたい。

全てを捨てたとき、究極のsmはあるような気がするが
それは、日常から離れることになる。
それは、恭子だけでなく私も。

私は、自分だけ安住の地にいて、恭子の人生だけ狂わせたくない。

かといって、会社の勝負もまだ捨てたくない。

そういうずるい男が今の私だ』

いつになく、真面目なメールを頂いた。


私は、彼の生活を奪うつもりなんて、全くない。
彼の社会的地位を脅かすつもりもない。

でも、このアブノーマルな性癖は・・・この彼との関係は・・・
彼を危険にさらしている事をあらためて知らされた。


残酷な『性癖』を持って生まれてしまったものだ・・・。

私の中の感性は・・・こういう行為でなければ感じていかないし・・
達することもできない。

こんなにも許されないものなんだろうか・・・と気持ちが沈んだ。

『他のサディストなら、日常を捨てて究極のsmが出来るのかもしれないな・・・』
と彼は続けた。

『条件でsmをするのは、フエアじゃないと思います。
F様が愛しくて・・・が原点ですから。
本当に愛しいから・・・・身を引くことも可能です』
と返信した。

『こんな、中途半端でよければ、一生恭子は、私の奴隷だ』
と・・・以前頂いた『恭子はおばあさんになるまで、私の奴隷だ』から、少し格が上がった(笑)

『中途半端』だとは思っていない。

今の私と彼の中で、ここまでが精一杯なんだと・・・わかっている。

この、世間に受け入れられない性癖は、一生私を悩ませる。

でも数少ない中で見つけた彼の存在は・・・・・何よりも貴重だ。


写真-3-(22)

私も彼も・・・表の世界では・・・・本当に普通なのだけれど・・・。

私は、彼との事は、約束どおり、墓場まで持っていく。
死んでも守らなければいけない事だとよくわかっている。

私は・・・確かに・・・彼のためだったら死んでしまえそう(笑)

彼は、私に今度の調教で、ピアスを増やそう・・・と告げた。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。