FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の色

2014/06/09 16:39
写真-1-(14)

私は、smホテルでsm行為をする事だけが興奮するわけではない。

ごく普通の主婦の装いに、ゴム製の股縄を回して彼と一緒に歩いたり
乳首とラビアにピアスをして映画を見たり
・・・・そういうごく普通も好きだ。

何年前までだったろう・・・彼とそういうことができたのは。

彼が今ほどの地位にならなかったら、もしかしたら
ほんの少し日常に退屈を覚え、私との非日常を求めてくれていたかもしれない。

非日常・・・。

ごく普通の主婦の私には、とても刺激的だった。
ガーデニングやジム通い・・・という決まりきった日常に
彼は色を差してくれた。

夕飯を作りながら、彼とのsm行為を思い出す。

掃除機をかけながら、彼の鞭を思い出す。

退屈な日々を過ごす私には、彼とのsm行為は
調教以外の時も、何度も何度も思い出し、余韻に浸り
何度も何度も彼から調教を受けたような気持ちになってしまっているのかもしれない。

もしかして・・・仕事でもしてりたら・・・もう少し
余裕を持って彼の奴隷でいられたのかもしれない。

いや・・・仕事を持っていたら彼からの急な調教を受けることさえ
出来なかったような気さえする(笑)

私は、彼を知って、私の人生の中のかなりの時間を
彼中心に過ごしている・・・・それは、ある意味幸せなのかもしれない・・・が。

写真-2-(14)

求められる・・・という事を忘れてしまうぐらい・・・
彼は、冷たいような気がする。

最近の私は、心の繋がりが欲しくなったりする。

彼からのSMの内容の1行メールに
心躍らなくなってきた。

年齢的なものかな・・。

写真-4-(8)
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。