FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ダンベル・・

2014/04/14 08:56
写真-5


SM嗜好を満たすためだけに、SMプレーをしたら
私の欲望は少し収まるのだろうか・・・。

真剣に考えてしまったりもする(笑)


昨日は、日曜日のジムに行った。
日曜日は、比較的空いている。

平日の日中とは、顔ぶれが全く変わり、サラリーマンか学生が多い。

駐車場からのエレベーターで、いつも同じ時間帯に筋トレを
している同年代の男性と一緒した。

初めて会話をした。

その男性がやっているバーベルの話。


私は、1度トライしたものの、あまりの重さと
バーが首に落ちてくるのではないかとの恐怖から・・・その後やめていた。

「教えましょうか?」と言ってくださったので
「機会がありましたら」と答えた。

その男性は、とても親切に教えてくれた。



腕を伸ばすときの角度、腕を引く時、「胸を張るように」と言った。

ただそれだけなのだけれど・・私はひどく動揺した。



『胸を張り出す』・・・そう、ニップルピアスを着けて生活を送る私は
その言葉に反応する。

トレーニングウエアーからブラジャーを通してピアスが見えることはないのだけれど
時々、リングの痕が丸く影を顕す時がある。



大丈夫だろうか・・・。

その男性とは、4年ぐらい顔を合わせていたが
話したのは今回が初めてだったから...『変な人』とは思われたくないと
心の底から思った。

やっぱり私は...『変態』なんだと自覚しているようだ。
彼から数ヶ月放置されている私は・・・孤独だから・・。



日常...『スポーツジム』と言う、私に中のノーマルな空間にまで
最近はアブノーマルな私が増殖しだした。

先週の36歳のお兄さんにしても・・・そうだし。



私は、彼に調教を受け『淫らなメス豚』の代わり
放置された数ヶ月は、私を飢えた表情にしているのかもしれない。

私は、自意識過剰なのかもしれない・・・と
平静を装った。


手を傷めないようにと、グローブを貸してくれた。
その男性のさっきまではめていたグローブに指を差し込むとき
不思議な気持ちになった。

何年も知っている男性の、深い部分に入り込んでいくような。

そして、指を入れながら、私の中にその男性が深く入ってくるような
錯覚を起こした。

どうか・・している。


たわいない話をした後、『今度お茶をしませんか?』とお誘いいただいた。

前回の36歳のお兄さんの事もあったので
私は、『また今度』と笑顔で答えた。


私は、とても飢えた表情をしているのかもしれない・・・。


何処か・・せつなく・・すぐ誘いに載ってきそうな・・
『淫乱』で『満たされない感』を持ち『誘っている』ような感じが漂ってしまっているのかもしれない。

もっと若く、スタイルのいい女性は、ジムにも沢山いる。

私は、『手頃』で『引っかかりやすい』欲求不満を持て余した女に見えるらしい。


困った問題だ。


『お茶をする』というお誘いは・・お茶だけなんだろうか・・。

それとももっと・・淫らな妄想があるのだろうか・・・。


でも、その男性もノーマルに違いないし
私は、結局、そこから何も始まらない事をよく知っている。

私の性癖を知られてしまい、蔑まれることが関の山である・・・。


困った『嗜好』困った『性癖』。


私は、このブログの世界と同胞の方々との
この空間しか・・・息抜きができない。

最下位淫乱奴隷の・・・日常の・・一コマでした(笑)






そういえば、ミストレスのさやか様が、以前『膣トレ』を教えてくださった。

締め付けて先に取り付けたダンベルを持ち上げられるように・・・という話を思い出した。

こちらの筋トレの方が、最下位メス豚恭子にはお似合いかも
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。