FC2ブログ

恋愛感情の必要性・・・

2014/03/21 00:20
写真-1-(2)

今は、恋愛をしない人が増えていると聞く。

私もその一人かも知れない。

私は、1方通行の想いで・・・恋愛のような
愛される・・・という事はない。

『奴隷』は・・・愛されないものなのか・・・・・

違うと思う。


時々、愛されている『愛奴』という存在の人を
見る。

愛されるとは・・・・大切にされている・・という事。

彼は、私に対して『絶対的な自信』があるのか・・・
私を信頼してくれているのか・・・・
私を失ったとしても・・・構わない・・・と思っているからか・・・

私は・・・いつも冷たい扱いをいただく。

マゾヒストも・・・温かさが欲しい。



マゾヒストは・・・確かに被虐嗜好なのだけれど・・・・
調教さえ頂けない中での冷たい扱いには・・心の底から冷え切ってしまう。



サディストは・・・時々、そこが見えなくなる。


なぜ・・・見えなくなってしまうのだろう・・・。


主から離れたいと思うマゾヒストなんていないはず。


ただ・・せつなく、苦しく・・やるせなくなる。


そうして・・smの禁断症状が現れる。

誰でもいいわけではない・・だから
やっと見つけた主からの冷たさは・・・
奴隷を最下位よりももっと奥へ押し込んでしまう。

私は、ただ・・・会いたいだけ。

でも・・・最近は、会うことさえ怖くなった。


期待することが怖くなった。


彼との連絡を待つことに疲れてしまい・・
逃げ出したくて仕方がなくなる。

それでも・・・彼が愛しくて・・・ただただ・・・待つことしか残されていない
『待つ』事は・・・大変だ(笑)

なぜ・・・7年目に入るのに・・・今まで待てたのに
今・・こんなに心が不安定なんだろうか・・・。

彼を、主様としてではなく・・彼に『恋愛感情』を
持ち始めてしまったからかもしれない。

彼が、ずっと私を『奴隷』の位置から出さなかったのは
正解かも知れない。


彼と朝を迎えたのは、2回だけ。

デートのような事も記憶にない。

彼から愛の言葉のようなものもない。


昨年、彼とほんの少し甘い時間を覚えてしまった私は
『奴隷』の地位からはみ出してしまったのかもしれない。

あくまでも・・・奴隷でいなくては・・・彼に破棄されてしまう。

私は、誰かを好きになって、彼から気持ちを離したいと・・
思う。


恋愛感情を他に向けて、彼とは『SMの関係』という
割り切った関係になれれば・・・・どんなに楽なんだろう。


彼のように・・・なりたい。


情けない最下位恭子は・・・卒業するべきだ・・・と
7年目を迎える今・・・思う。


『恋愛感情』と『SM』を離すべきだったと・・今更ながら
思う。


もう遅い・・・のかもしれないし、もしかしたら
間に合うのかもしれない。


最下位恭子の、自分でもよくわからない想い(笑)



でも・・・マゾヒストがよく陥る・・
最もポピュラーなジレンマ。

 Home