FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷が決められること・・・

2014/03/15 00:34
12113q.jpg

彼にアルファインから出た後の出来事を
包み隠さず・・・告白した。

心の何処かで・・『一人でアルファインから出てきた寂しさ』を
彼に伝えたかったのか・・・

それとも・・・『私には、彼がいなくても他にいます』・・・的な強がりを
してみたかったのか・・・

・・・ただただ・・こんな内容を彼に告げたら、嫌われてしまうんじゃないか・・・とか
軽蔑されてしまうのではないか・・・とか・・・下品な女だと思われてしまうのではないか・・・と

沢山の考えがよぎったが,私は、彼に告げた。



こういう私は・・もう自虐的な行動になってしまっていた。



『どうにでもなれ・・・』的な私。




翌朝彼からメールが届いた。

『26歳の精子が付いたまま帰ったのか。まだ明るかったのに。
想像すると興奮するかもしれない』・・・と(笑)。


彼は、私が思うより、ずっと先にいる。
ずっとずっと・・・先を歩いている。

私が、行ったり来たりしているうちに・・。



『身辺整理』の話があった事を私に告げたが
その後彼は、私に『破棄する』とは言って来なかった。



私は、この数ヶ月・・・怯えて過ごした。

この数ヶ月・・・覚悟もした。

『終わり』を感じた。




でも・・・彼は、私を飼い続けてくれている。


『決めるのは、奴隷ではない』

彼に言い切られた。





私だったら・・私が彼の立場だったら、身辺整理を実行すると思う。

普通は、関係を終わらせるのかもしれない。

男性にとって『仕事』の比重はかなりのはずだから。

だから、私は、身を引く覚悟をしていたし
彼を恨むつもりも、もうとうなかった。
『身辺整理』は、当然の成り行きだと思った。


今まで飼い続けてくださった事だけでも
感謝していた。


だから、今回の彼の判断に私は、驚き・・と同時に
この上ない愛しさを・・感じた。


言葉にならない・・。



『彼』らしい・・・。




私は、今回のことを踏まえて、いつでも彼から
『終わり』の指示を頂いたらきれいに終わろうと決めた。

彼を困らせる事無く、サッと・・綺麗に身を引く覚悟を
決めた。


そして・・・もう一つ、大切なことに気がついた。



私は、彼が『終わり』を告げたら、私もSMの世界から
去るつもりだ。



ある大切な人からメールを頂いた。

『現実的な彼から終りを告げられても、恭子さんの心には
 主様はいらっしゃるのでしょう?
M奴隷としての恋愛感情と変態嗜好が生み出す
絶対的な服従心の力を魅せてください』と・・・。




沢山の魅力的なサディストが存在する。

話をしたりメールを頂いたりするたび、私の中の淫らなM性は
ひどく惑わされてしまう(笑)


私の中の異常なぐらいの性欲は、動画を見てオナニーするだけでは物足りなくなり
息苦しいぐらい、葛藤する(笑)


でも『彼』は、私の最初で最後の『主』であり
彼の『奴隷解放』で私のマゾヒストとしての生き方も終わる。


今回の彼の決断は・・私の心も決めてくれた。


smは・・何処か・・・そのみだらな行為と似つかわしくもなく・・・
とても・・・純粋だ。


私は、彼だけの淫乱変態マゾメス豚奴隷 恭子としか・・・存在し得ない。


『破棄する気はない』・・・・・彼からのメールは
画像に残して大切に保管した。



『奴隷が決めることではない』と・・彼なりの
最大限の優しさに・・涙がこぼれた。



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。