FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛乳浣腸・・・1

2013/11/21 17:37


彼との待ち合わせ時間前・・何度、化粧室で鏡の中の自分を見るだろうか・・・。

夕方5時近く、隣に並ぶ、20代の女性のわきで、年甲斐もなく
ミニスカートを履き、胸を露出した自分を・・・恥ずかしくならないかといえば・・・
そう・・恥ずかしくなる。

でも、私は,20代の女性同様・・心はひどく踊り
『デート』前の女の子(笑)気分になる。

綺麗になりたい・・心からそう思う。
彼から調教いただく時間だけでいいから・・・キレイでいたい。

彼からいただく時間は『18時から22時の4時間調教可能だ』とメールを頂いていた。

調教内容は『アブノーマルなスタートに相応しく、浣腸責めにすることにした。』


そう彼から言われてはいたものの・・いつも私は
デートの気分になって、彼を待つ。

予定より少し早く会議が終わった彼から『今から向かう』とメールが入った。

私は、急いで待ち合わせ場所に向かう・・・。


ここまでの時間が、私にとって、1番幸せな時間になるのかもしれない(笑)

他のノーマルな女性と一緒で、デート前の現れる『彼』を待つ時間が・・・・。

ただ・・ほかの女性は『恋人』を待つ時間で、私は、奴隷として『主』であるサディストを
待つ時間。



彼と距離を開けて、歩く。

彼が予定より早く着き、私は、牛乳を買っておくはずだったが・・まだ購入してはいなかった。

本当は、買いたくなかったのかもしれない。

自分で浣腸いただく『牛乳』を買うという行為は・・たまらなく恥ずかしい。

ただ、彼が時間通りだったら・・・私は、牛乳を買っていたのだろうか(笑)

つい・・嫌なことは後回しにしたくなる。

それに、私が、彼の言葉を本気にして牛乳を買ったとして・・
『冗談だった』と彼に笑われてしまうのが・・・恥ずかしい・・・そんな気持ちもあった。


『牛乳買ったか?』と彼が尋ねた。

『本気でしたか?』と・・答えた。

『当然』

彼は、池袋のコンビニで『おいしい牛乳』を購入した。

何種類か・・・牛乳はあったのだけれど、彼は、何種類か手にしては戻し
明治の『おいしい牛乳』にしたようだ。


私は、少し離れたところからその様子を見て
彼が私のために買って下さる・・・と思うと、たまらなく・・・嬉しいような
・・・でも、これからのことを想像すると、いたたまれない気持ちになった。

コンビニにいた他のお客さんから・・・・レジの女性から
『変態』的な目で見られてしまっているようで・・・ドキドキした。

コンビニを出るとき、私の前を通り過ぎざまに彼は言った。

『どうせ、お尻からだけど、「おいしい牛乳」にした』・・・・と。


私は、真っ赤に赤面し、急いで彼の後からコンビニを出た。




私は、100ccの新しい注射器で、『おいしい牛乳』を沢山ご馳走になった。

つづく・・・
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。