FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主の貸し出す感情・・・とは

2013/10/26 00:19


『自分が大切にしているものを貸す』という感情について
メールを下さった方がいた。

自分が、もし貸し出すとしたら・・・・と。


私も考えてみた。

彼はどいういう気持ちで私を貸し出すんだろうか・・・と。
私は、彼にとって『大切のもの』ではないような気がするのだけれど(笑)



『飽きたから』『刺激が欲しいから』・・・・
悲しいけれど、6年目を迎える私たちには、それを否定できない。

新しい世界・・。

賛否両論ある世界だから・・・私もかなり戸惑い
悩み・・葛藤した。


ただ、信頼できるH様だという安心感と、
心通じる関係の女装子の方も一緒だという事に・・
不安はあまり感じずに済んだ。

今の夫に貸し出された『ノーマルな相手』より
逆に精神的には楽だったかもしれない。

私は、ノーマルな人より、同胞の方々の『アブノーマルな人たち』を
信頼している。

同じ悩みを持ち続け、葛藤してきた人達だから・・。
深く理解し合える。

いつだったか、ノーマルなハプニングバーに行ったとき
私は、ノーマル?というか、ただのスワッピングのような
sexを楽しむ雰囲気に、圧倒されてしまった。



SMのプレーの複数と・・どこかが違う。

似ているのだけれど・・・どこかが違っている。



うまく表現できないのだけれど。

でも、一般的には一色単にされてしまうのだろう・・・と思った。



もしかしたら、自分の行為を正当化したいがために
理由付けしているのかもしれない(笑)

一般的に変態的イメージが強い『マゾ女』は、以外に真面目すぎたりする。
真面目すぎるが故に、SMにも真面目に取り組み
主の命令にも真剣に取り組む。

私は、真面目に『貸し出された』。



今回は、前日彼が時間を作ってくださることが出来た。
1日ずれれば、彼も一緒に参加できたのだけれど・・
H様も、彼も・・・時間に追われる忙しさだ。

彼は、私に鞭の痕を下さった。

『明日、鞭だらけで行くのも良い』と彼は冷たく言った。

私は、鞭の痕を付けたまま、H様にお会いすることを考えただけで
恥ずかしさと・・・自分が『奴隷』である事を思い知らされるような気持ちになった。

『鞭の痕はお許し下さい』とお願いした。


IMG_8544.jpg

彼は、いつもの1本鞭で私に真っ赤な鞭の痕を下さいました。



IMG_8543.jpg

『もっとお尻を突き上げて』・・・と。


IMG_8545.jpg



私は、貸し出される前に彼から『優しくしていただける』ような・・・
そんな、幻想を描いて彼にあった。

『甘い時間』があるかの様な・・・期待をしてしまっていた。

彼はいつもの冷たい彼だった。





『鞭の痕』・・・・
彼が私の身体に、『持ち主の名前』刻んでくれたような・・・
そんな気がしたのは・・・貸し出されて数日経ってからだった。

彼の貸出した『気持ち』を聞いたあとだった。

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。