FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の命令にのみ・・・従います

2013/10/23 08:49


しばらく、逃げ出してしまった私に温かい言葉を下さった
同胞の方々に感謝しています。

まだお返事差し上げられなくて、申し訳ありませんでした。
思いの他、同性の方から暖かいメールを頂き、涙が溢れました。



また批判くださった『読者』の方にも、深く感謝しています。

これは、皮肉でもなく、本心です。



あえて、コメントで批判くださった方や、今朝メールで意見を下さった方・・
正直、こたえた事も事実です(笑)


暗い気持ちになった事も、事実です。

自分のこの忌まわしい性癖に嫌気をさしたのも事実です。

批判くださった方が言われて事は、ずっと自分自身で抱え込んできた『想い』でもありましたから。



『変態』と言われてしまう性癖、いい年をして、はしたないまでの性欲。
そして・・一般社会から見た私への評価。


批判メールとコメントを2人の方からいただきました。

私が、ブログを続けてこれた理由は、ブログを荒らす方や、
批判コメントがあまりなかったから(笑)

その点には、かなり感謝しています。
私は、恵まれていたと。

私は、ブログを書きたいだけです。
彼との記録を残したい。
そして、同胞の方々と関わっていたい。


今回、私が感じたことを有りのまま・・・綴らせてください。



私のようなタイプの女性もそれなりに存在している・・・という事。

そして、誰に言われるまでもなく、常に、罪悪感を感じ、その罪悪感を消し去りたいと思っている。


その昇華方法が『SM行為』なのか・・・私は、彼とのSM行為が
唯一私を満たしてくれる関わりである事。

きっと批判くださった方は、もしかしたら、どこか私と同じSM嗜好を持ち合わせているのかもしれない。
そうでなければ・・・『読まなければいい』(笑)


時々思う。


私と同じタイプの女性は、『批判』する事ができない。
批判する勇気がない。
批判した後、訪れる『戦い』が苦手だ。

幼児期に、親元から離されてしまった私の生い立ちのせいなのな、
かばってくれる『絶対的愛情』を知らない私は
争いが嫌いだ。

一人で戦わなければいけないから・・・そういう意識が
ずっとあった。

自分で何とかしなければいけない・・・という意識が強い。



だから、極力、争いは避けたい。

弱いのか・・と自分に問うてみる。

弱いのかもしれない。



ただ・・・『自分で守らなければ』という意識が強い。

だから・・必死である。

『必死』な存在は・・私は、1番怖いと思う。



だから・・私は、人を批判することはあまりしない。
相手が必死に反撃してきたら・・・躊躇してしまうから。


そう・・・私は、普段は弱腰なのだけれど『必死』になった私は
手に負えないのかもしれない(笑)

私は、このブログを始めるまで、『SM嗜好』の自分が嫌いだった。
恥ずかしい存在だと忌み嫌っていた。

この5年間、ブログを通じて沢山の尊敬できるSM嗜好の方々と
知り合うことが出来た。



私は、今は、SM嗜好を恥じてはいない。

私は、画像を晒している。

危険を考えなくもない。



ただ・・・これが私であって・・・私の場合は
今の夫も同じ嗜好の持ち主で、私の家族にも
この嗜好は遺伝している。



私の子孫も、もしかしたら・・・この嗜好を持ち合わせ
私のように悩み苦しむのかもしれない。

『悩む必要はない』と・・・教えてあげたい。


素敵な『贈り物』だと。



共有できる相手を見つけられた時は、
この上ない幸せを感じられると・・・。


私は、この世界が好きだ。


私がブログをはじめてから、5年。
たくさんの素敵なブログが閉鎖に追い込まれているのを見て来ている。

残念な事だと思う。



私は、心癒され今のように、自分のSM嗜好を認められるようになったのも
そのようなブログのお陰でもあった。



『閉鎖』しようかとも思った。

私は、お金をもらっているわけでもなく・・・ただ・・・ただ
私の『日記』なのだから・・・と。


彼に相談した・・・『ブログを辞めても構いませんか?』・・・と。



『かまわないよ。2人で続ければいいだけの事だから』いとも簡単に
返事を頂いた。


『私と2人で構いませんか?』と聞き返した。

『構わないよ』と彼は答えた。


『でも・・・』と・・私は、躊躇った。


『恭子は、書くのが好きなんだろう』と彼が言ってくれた。

『はい』・・・と。





私は、今回経験した、H様への貸し出しの事、
ミストレスの女王様の事、女装子の方への想い・・・・

そして、彼との関わりをもう少し綴りたい。



批判的な方は、どうか・・・私の個人的な『日記』を読まずに
いてください。


こういう・・・世界もあると・・ご容赦ください。



ここは、私と彼の『世界』です。



私が従うのは・・主である『彼』の意見のみなのですから。






そして私は、必死に生きています。

戦いも必死に戦ってしまいます(笑)

ブログの読者に方に、PCに詳しい方もいらっしゃいます。
時々、専門的なアドバイスを頂きます。
今は、IPアドレスで、送信者も探せる時代です。

私は、必死に戦いますので、私と必死で戦う覚悟のある方のみ
戦ってください(笑)。



大切な人を守る為には・・・全て投げ出してしまえる
少し『阿部定』的な(笑)危険なマゾヒストの私と本気で戦う・・・
そういうリスクを抱える必要はないのかと思います。


どうか・・・そっと・・そっと・・・しておいてください。


私は、もしかしたら、S的なのかもしれません。



でも・・彼に飼われている限り・・私は
変態淫乱メス豚 最下位 恭子でいられます。



また・・新しい想い、経験をブログを通して
書き連ねさせてください。


どうか・・ご容赦を(笑)



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。