FC2ブログ

孤独感

2013/10/07 16:09
IMG_7555.jpg


『恭子を貸し出すつもりはない』と言ってくれていた彼から
私は、貸出されてしまった。


私は、今回、H様、縄師様、女装子様、ミストレスの女王様・・
そして主である『彼』から沢山の経験をさせて頂いた。

正直、何から書き連ねたらいいのか・・わからなくなった。


廃棄処分的な『最下位恭子』は・・・何を書いたらいいのか。

そして私の中の貪欲な部分に、1番恐怖を感じてしまっているのは
他ならぬ・・私。

私は、精神的に張り詰めてしまい、SM的なエクスタシーとでも言えるのではないかと

私は、思っているのだけれど・・・『失神』を引き起こした。

経験した人は・・・わかるかもしれないが・・・言葉にできない世界だ。


ただ・・そのあと意識を戻した私は、ダメージがひどく
H様、ミストレスの皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまった。


もう、ミストレスには、出入り禁止になってしまうかもしれない・・。
本当に、申し訳ありませんでした。

・・・少しづつ綴り始めたいと思った矢先、以下のようなコメントを頂いた。
映画『甘い鞭』で検索くださった方からの痛烈な批判コメントだった。



私は・・・また逃げ出した。



『 私にはあなたのような嗜好はないし理解も出来ないけれど、稀にそういう事を好む人もいるのだという事は割
 に子供の頃から知っている。
 映画のタイトルで検索したつもりがこちらに辿り着き、一通り拝見しましたが…ハッキリ言って不愉快です。堂々と公開なんてしないで下さい。
 主婦なんですよね?……御主人やお子さんに対して後ろめたくならないのかと、その非常識さを疑います。最低
 ですよ…怒りを覚えるほど…。

 グチをこぼしたいのであれば、あなたの主という人にぶつければイイ。それをウジウジ、ウジウジ…。

 早くこちらのブログ、閉鎖して下さいね。』と。



私は、今まで、せっかく頂いた心あるコメントを公開したりはしないのだけれど・・・今回は特別に。
批判メールも過去に数回頂いた事がある。
でも、みなさん、心あるお叱りだったり、励ましに近い文面だったり
いつも、感謝している。

私が、ブログを続けられる理由は、読者の方に恵まれているから。


でも、これが、私に対するノーマルな感想なんだと身にしみて感じた。

でも、この方が、もう少し、ブログを読んで下さったら、私もあなた同様、真面目な面を持っているし
もし『情状酌量』なるものがあれば、私の罰も少しは軽く願えるのではないかと(笑)

私は、このブログという個人的な空間で、ひっそり息づく場所を頂いているつもりだったが、
このようなコメントを頂き、ほんの少し弱気になった(笑)


『甘い鞭』の映画の影響。


先日、丸の内東映で『甘い鞭』を見てこようと思った私は
投影時間を確かめ、その隣に『女性専用シート』という項目を見つけ
少し怖じ気付いた。

私は、そこに座ってはいけないような気がした。

阻害されてしまうような気がした。


彼は、一緒に見る時間がない。

一人で見る勇気もなく・・・私は、諦めた。


『貸出された奴隷』は・・・孤独感をどう埋めたらいいのだろう・・。


ほんの少し・・・考えなくては。




********************

 Home