FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木 ミストレスにて

2013/09/22 23:34


私は、女性も好きなようで、アルファインで一緒になる
マゾヒストの女の子が、とても可愛らしいと感じる。

そういう時の私は、S的なのか、同じ仲間意識でM女性が好きなのか・・
自分でも良くわからなくなる。

ただ、六本木 SMフェティッシュ・バー・ミストレス MISTRESS

の、さやか様とお話させていただくと、私は、しっかり、マゾヒストになった。
彼と、S女性に挟まれてしまうと・・・私は、微塵もS性がなくなってしまう。

とても落ち着きのある、空間で、ミストレスの方も、素敵な方だった。

看板の女性が、確かに店内にいる。




IMG_8064.jpg
私は、一人のSもMもお持ちの女性に触れさせて頂いた。

不思議な感触。

不思議な気持ち。



私は、彼も触れてもいいですか・・・とお聞きした。
『かまいません』と言って下さった。

私は、彼に若く可愛いM女性を見つけて差し上げたい・・・という気持ちになった。

私は、去らなくてはいけないと・・・・。




実は、ここに来る前に彼にいくつか質問をした。

何度か、メールで質問をした事があるが、彼からの返事はほとんど来ない。

質問に対する答えが『返事なし』なのか『読んでいない』のか『返事が面倒』なのか・・・。

とかくそういう時は、自分に都合の悪い質問の時は、『忙しいからだ』と思い込もうとして
優しい答えを期待してしまう時は・・・こない返事に・・・涙してしまったりする。

お会いした時、今度こそ聞いておこう・・・・と思っていても
舞い上がってしまう私は・・・何一つ聞くことが出来ずに終わる。

まして、調教が始まってしまうと・・・会話がない。

そして、彼は、射精をすると冷めてゴルフの練習を始める(笑)



新幹線の中で、私は、iPhoneの下書きに書き溜めた。




⑴メールは、めいわくだ・・・・・いいや

⑵メールは、迷惑じゃない。ちょっとは、楽しみだ。・・・・楽しみだ

⑶画像は、迷惑じゃない。ちょっとは、楽しみだ。・・・会議中は少し戸惑う

⑷今までのマゾヒストの中で、恭子が一番記憶に残るマゾヒストだ。・・・・・そうかな

⑸最下位恭子は、今までの中で、一番気持ちを入れたマゾヒストだ。・・・・どうかな

⑹定年退職したら、最下位恭子に、冷たすぎたかな…と、思うかもしれない。・・・・それはない。今も冷たくはない。

⑺定年退職したら、最下位恭子に、食事でもしながら、会ってみたいと思うかもしれない。・・・・いいよ

⑻恭子は、ワガママなマゾヒストだ。・・・・どうかな

⑼恭子がいなければ、別な若い可愛い奴隷を探せるのに…と、思う。・・・・そうだな。そうかもしれない。

(10)恭子が居なくなったら、寂しいとおもう。・・・そうなんだろうな。

(11)今日は、たのしみだ。・・・楽しみだ。

(12)今日は、SMバーが楽しみだ。・・・・楽しみだ。

(13)今日は、恭子に会うのが楽しみだ。・・・・・それも楽しみだ。

(14)恭子は、前世は、飼い犬だった気がする。・・・どうだろう。

(15)恭子は、前世は、ストーカーだった気がする。・・・・(沈黙)

(16)時々、恭子に会いたくなる。・・・・・・(沈黙)

(17)時々、恭子と別れたくなる。・・・・・(沈黙)

(18)恭子を誰かに譲ろうと思っている。でも、いいズラい。・・・・(沈黙)

(19)本当は、恭子を愛している。・・・違う。

(20)恭子を大切に思っている。・・・どうだろう・・・。



彼をマッサージしながら、私は、携帯の下書きを読み上げながら
彼に質問をした。

読み返すしてみると、あまり強引な質問はしていない。

私が破棄されてしまうような質問はしていない。

当たり障りの無い質問になってしまった事に
自分でも笑えた。

そこまでして、彼から破棄されたくないんだろうか・・・私は。



でも・・・・・・恐る恐る聞いた質問に
彼ははっきりと答えた。

『愛してはいない』という事。



あんなにもはっきりと答える彼に・・・私は平然を装いながら
涙がこみ上げてきた。

私の質問が、くだらなすぎたのか・・真実を告げづらかったのか・・
彼は後半の質問には、沈黙を続けた。『愛していない』以外は。

息が止まりそうになった。

まだお会いしてから、30分も経っていない時間だった。

帰ったほうが良い様な気持ちになった・・・。


私は、質問を考えるとき『愛してはいない』とは、はっきりと告げられてしまうとは
想像していなかった。そこまで・・・言い切られてしまうとは。
『どうかな』と濁してくれれば・・もしかして・・という期待も少し持てる(笑)


彼は、とても正直で、嘘をつかない。

愛されない私は、若いM女性を彼が見つけられるように・・・
私は消えようと思った。

今日で最後にしよう・・・と。



これは、毎回思う。

『今度で終わりにしよう』と。

冷たすぎる彼に・・・心が折れる。

意地悪な彼に・・・挫折感を覚える。

そして極めつけは『迷惑な邪魔なマゾヒスト』という自分に
嫌気をさす。



IMG_7728.jpg


M性をお持ちの女性に、彼を勧めた。
まだ主をお持ちになった事がないと話される可愛らしい女性に
『彼は、お勧めです』・・・と話した。

彼もこれから一人で通おうと話していた。

お試しにその女性のお尻を叩かせてくださった。

その画像を撮らせて頂いた。



IMG_7721.jpg


私は、戸惑うばかりで・・・心が苦しい感じ。

息が止まってしまいそう。

もし・・自分の意志で鼓動を止めることが出来たなら
私は、止めてしまって、何もかも感じられないようにしてしまいたい。





IMG_7458.jpg
それでも、笑顔で写真を撮ってもらう・・・私は・・
自分でも嫌になる。


こんな思いで、多頭飼いや、複数なんて・・・無理のような気がした。


私は、若いSもMもお持ちの女性に、『私は、最下位なので、どうぞ』と余裕を持って話していた。


お酒を最後に飲んだせいか・・・12時近くに私は・・・涙を堪えられなくなった。

私は『恋する事』に疲れた。


もう・・・比べられたり、卑下されたり、否定されたりする事が・・・
出来なくなった。


私は、普通の主婦に戻るべきなんだと思った。





(追記)・・・ミストレスで私は、さやか様のご配慮で、一人のM男性を責めさせて頂いた。

この行為は・・私の中のSとMの不思議な共存を
目覚めさせてくれた・・この話は、後日・・・。
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。