FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にとって・・30代の男性

2013/07/22 11:12
kk22.jpg

今の私は、自由に動けそうで・・・動けない。

そんな感じ。

そして・・時間的制約も感じ始めている。
『若くはない』という現実。

先週、ジムで30代の人からランチを誘われた。

司法書士試験を受験している・・という男性で、
昨年は、体力的に弱かったので失敗してしまったと。
今年は、ジム通いを始めたと・・・。

私と同じ筋トレをこなす・・・。
時々、正しくない筋トレをしている人が多い中
その男性は、インストラクター並みに正確に筋トレをしていた。

若いのに・・すごい・・と感心していた男性だった。



『明日も来ますか?』と尋ねられ『はい』と答えた。

翌日、同じ時間にその男性は筋トレをして
私が終わると同時にその男性も終わった。


何気ない会話が終わり『お話をしませんか?』と聞かれた。

『いいですけど、私は既婚者ですが。』と答えると
少し驚いた様子で『お話だけなら構いませんよね』と
動揺して答えていた。

結局お断りしたのだけれど・・・私は、独身に見えるのだろうか・・と
不思議になった。



自慢話ではなく・・私は、どこか『悲壮感』だたよっているのかも知れない。

『幸せな人妻』には見えない・・何かがあるのかもしれない。



実は、このような誘いが、今年に入って3回目だった。

『既婚者』に見えない・・・ぐらい若く綺麗なら嬉しい話だが(笑)
私の場合は違う。もっと綺麗な若い女性は、たくさんジム通いしている。

私は、『今まで独身で、行きそびれた、ちょっと声をかければ引っかかりそうな
『年上の女性』』に見えるのかもしれない(笑)

嬉しいような・・悲しいような・・・。




その男性は、36歳と言っていた。

30代の男性は、私の視界には入らなかったのだけれど・・
真っ直ぐで、真剣な眼差しに・・・ほんの少し心が揺れた(笑)


いつも彼に冷たくあしらわれてしまっている私には
ほんの少し『甘い時間』だった。


私と会話をしたいと思って下さる気持ちは・・不快なものではなく
嬉しい気持ちがした。

法律の話、大学の話、司法書士試験の合格率の話・・・。
たわいない話をした。


司法書士試験の合格率3パーセントを割る、話をした。

『倍率をみるとそうですけどね・・』と話す男性の自信ある言葉に
羨ましさを感じた。

私は、何に対しても『自信がない』。

法律の本は好きだと・・話したら、『あなたも、なにか挑戦してみたら』と
笑顔で答えてくれた。

私は、ほんの少し・・何か『始めてみたい』気持ちになった。

自由なのに・・・私は、自分で自分を制約している(笑)

36歳の男性との会話は・・・
私に何かを残してくれた。


とりあえず・・悲壮感は消し去らなくちゃ(笑)
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。