FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨時の憂鬱

2013/07/04 09:09
jj12.jpg

『主をどう思うかは、奴隷に許されたただ一つの権利』と聞いた。

日常、自分によく似た、共感できる誰かに会った時
それは、ノーマルな『愛しさ』として、
マゾヒストの変態最下位 恭子としてではなく・・・
心揺れる事がある。

楽しい会話。

楽しい時間。

優しい言葉。


自分の身体に施されたピアスを忘れる。

ラビアピアスをしている変態な自分を忘れる。

乳首に12号の太い奴隷の証を付けていることを忘れる。


普通の女性になって、話をして、心惹かれることが・・・ある。



彼も、そういう時間が沢山あることだと思う。


別々に時間を過ごしているのだから。

彼が、ある女性とコンサートに出かけたり、飲みに行ったり
食事をしたり・・。

私は、そのほんの・・・ほんの1部分なんだと知っている。

でも、私の『彼』は、沢山の部分を占める。

これが・・辛くなる。



私も・・・『私を想ってくれる相手』と時間を共にする事は
もしかしたら・・・『罪』ではなく、彼も望んでいることなんだろうか・・・と思う。


『ストーカー的な恭子』から解放されるのを、彼は望んでいるのかもしれない。



そうすれば、彼へのメールも少なくなるし
彼の私への負担も軽くなる。


他の、smパートナーはどうしているんだろう・・・・。

梅雨時の・・憂鬱。



 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。